奈良先端科学技術大学院大学 電子図書館 公開講座一覧

本学で例年開催しています公開講座のビデオ一覧です。タイトル左のアイコンをクリックしてご覧ください。

Freeと書かれたアイコン Flash-free Real-free QuickTime-free WMV-free はどなたでも見ることができます。

Free表示のないアイコン は学内利用者に限定して公開されています。

ビデオを見るには、誓約書(初回のみ・手書き)の提出と曼陀羅アカウントでのログインが必要です。
映像の再生には、以下のアプリケーションが必要です。
下のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。
いずれも無料でダウンロードできます。(有料版もありますのでご注意ください)

2010年-

flashvideo-free flashvideo-naist


Flash Player

2008-2009年

hqvideo-free hqvideo-naist video-free video-naist

*注
2008-2009年度の高品質アーカイブはQuicktimeで再生するハイビジョンを採用しています。
環境により再生に時間がかかることがありますので、ご注意ください。
現在確認できている再生環境は、以下のとおりです。
・OS:Windows (XP,Vista)
・ブラウザ:Firefox ver.3 (IE 未対応)
・再生ソフト:Quicktime ver.7.5.5以降


Quicktime
*注

2000-2007年

wmv-free wmv-naist

Get Windows Media Player
Windows Media Player


2018年 テーマ「IT・バイオ・ナノ技術の融合が拓く新・先端科学」
植物はどこで季節を感じているのか遠藤求
機械の知から迫る脳の知性吉本潤一郎
電磁波による情報漏えいの脅威とその対策林優一
IoE社会を支えるエネルギーハーベスト石河泰明
深層学習による画像解析の医療応用小野直亮
 
2017年 テーマ「バイオ研究が目指す未来 ~動物、植物、微生物が共存する健康社会の実現へ~」
花の命はどうして、はかないのか?伊藤寿朗
IgA抗体で腸内環境を整える新藏礼子
幹細胞の分化と組織再生栗崎晃
医療の発展に繋がる最新の動物モデル磯谷綾子
 
2016年 テーマ「情報科学における技術的限界点とその突破」
コンピュータと解剖学の出会い -医用画像から人体解剖地図を作製する-佐藤嘉伸
言葉の壁を越える音声翻訳コミュニケーション中村哲
光学的な限界を超えるカメラ向川康博
ロボットのいる生活を実現するために必要なものとは?高松淳
行動認識と行動変容荒川豊
画像・映像からの三次元情報の推定とその応用佐藤智和
ソフトウェアによるコンピューティングシステム・ネットワークの限界突破市川昊平
創立25周年を迎えて小笠原直毅
 
2015年 テーマ「環境にやさしい未来の新材料・新デバイス」
未来のディスプレイ(省エネルギー型電子デバイス)浦岡行治
有機薄膜太陽電池(塗布可能な低分子有機材料) 山田容子
分子でつくるレーザー(有機薄膜材料)柳久雄
半導体技術で実現するバイオセンシング(半導体センサ)徳田崇
生物学とレーザー光操作技術の融合(植物細胞)細川陽一朗
生物機能に学ぶ情報処理デバイス(バイオ・有機融合材料)菊池純一
 
2014年 テーマ「先端バイオで何がわかる?何ができる?」
植物が行うDNAの倍々ゲーム梅田正明
柔らかな脂質膜から細胞が形作られる仕組み末次志郎
植物が創る模様のはなし:美しいパターンを作る精巧なメカニズム中島敬二
生物リズム別所康全
癌・免疫療法の新展開石田靖雅
免疫:病原体から体を守る生体防御システム河合太郎
タンパク質のかたちを知るということ塚﨑智也
 
2013年 テーマ「ビッグデータが世界を変える、あなたに迫る超大規模データ」
ビッグデータを支える言語処理松本裕治
ビッグデータとデータマイニング宮崎純
ビッグデータ計算基盤笠原正治
食のビッグデータ金谷重彦
複合現実感とビッグデータ加藤博一
ビッグデータと機械学習池田和司
環境センシングとビッグデータ安本慶一
ビッグデータを支えるセキュリティ技術猪俣敦夫
 
2012年 テーマ「ソフトマターが拓く未来のくらし」
光反応を用いた複雑な有機分子の創り方垣内喜代三
半導体との融合 : 広がる生体超分子の可能性石河泰明
生命の起源から学ぶ未来のプラスチック藤木道也
N/A光を使って機能をコントロールする山田容子
光化学への招待中嶋琢也
生体機能と金属イオン松尾貴史
N/A私たちの生活を豊かにするポリマー材料と合成技術安藤剛
タンパク質と水片岡幹雄
 
2011年 テーマ「よくわかる最先端バイオ研究」
植物の幹細胞田坂昌生
環境・エネルギー問題の切り札 : 木質バイオマスをつくりだすしくみを探る出村拓
N/A細胞がん化の分子メカニズム加藤順也
N/A神経を伸ばす分子の仕組み稲垣直之
タバコの歴史と科学橋本隆
酵母菌から学ぶヒト細胞のしくみ : 糖尿病・ガン治療の手がかりを探る?塩﨑一裕
遺伝子から攻める病気の機構川市正史
ヒト疾患治療のための研究最前線 : 再生医療からガン・心血管病・生活習慣病治療まで佐藤匠徳
 
2010年 テーマ「基礎から学ぼう~人と人をつなぐ情報科学~」
われらをめぐる制御 : The control around us平田健太郎
コンピュータの目があなたの運転行動に潜むリスクを見つける野田賢
社会に現れる情報理論池田和司
高齢化社会における生活の質向上のためのマルチメディア計測浮田宗伯
コンピュータを速く正しく動作させるための技術井上美智子
高齢化社会を支えるロボット技術小笠原司
ユビキタスメディアと電脳コイル千原國宏
N/A環境知能で日常生活はこう変える : ネットワークロボット時代がやってくる荻田紀博
 
2009年 テーマ「ニュースがわかる!光とエネルギー、エレクトロニクス」
N/A分子に覚えさせる、語らせる河合壯
光を感じるエレクトロニクスの目徳田崇
レーザーで微小な津波を起こしバイオとナノを調べる増原宏
光り輝く蛋白質 : 生物発光の仕組みと応用上久保裕生
タンパク質の構造 : 機能構造と構造変異廣田俊
半導体の発光過程と電子状態山本愛士
表面原子の観察手法の最前線服部賢
進化する半導体光デバイス黄晋二
 
2008年 テーマ「ニュースがわかる! 団塊世代のためのリフレッシュ生物学講座」
食料・エネルギー危機を救う植物バイオテクノロジー新名惇彦
植物が多様な子孫を残すための戦略高山誠司
植物の細胞分裂と形づくり梅田正明
N/Aエピジェネティクスと再生医学応用に向けての基礎研究中島欽一
意外な人と微生物の関係森浩禎
N/Aがん治療の最前線加藤菊也
生物の形づくりのシステム生物学別所康全
微生物の魅力と可能性 : 微生物バイオテクノロジーの最先端高木博史
 
2007年 テーマ「ネットワークとメディアが拓く新時代 -感じる・伝える・考える-」
考える地球 : 次世代インターネットが実現する明るい社会砂原秀樹
人の生活をサポートする賢い空間 : センサネットワークとスマートスペース安本慶一
N/Aネットワークメディアとしての複合現実感横矢直和
インタラクティブメディアが拓く新しい情報社会加藤博一
N/A新しい音声メディアによるユニバーサルコミュニケーションへの挑戦鹿野清宏
Web情報分析の未来像と言語処理技術の現在 : あなたは今の検索エンジンに満足ですか?乾健太郎
コンピュータの目が危険を知らせる : 超高速/低電力コンピュータへの挑戦中島康彦
N/A見て触って理解する : バイオ分野や医療分野で活用される新しいメディア技術杉浦忠男
 
2006年 テーマ「くらしといのちを支える科学技術」
先端医療を実現する新材料開発谷原正夫
分子ナノテクノロジー : 光と量子の世界柳久雄
美しく輝く分子たち長谷川靖哉
放射光で見るナノスケールの磁性細糸信好
ユビキタスネットワークを実現する新光デバイス河口仁司
最近の医薬品研究開発伴正和
現代社会と触媒森本積
N/A放射光で見るナノスケールの磁性高橋聡
 
2005年 テーマ「躍動するバイオ-新しい生命観が見えてくる-」
N/Aゲノムから見えてきた細菌の多様性小笠原直毅
N/A生物進化と遺伝子進化真木寿治
タンパク質の一生 : タンパク質のゆりかごから墓場まで河野憲二
N/A生命の分子の詳しい話箱嶋敏雄
体づくりと細胞の社会高橋淑子
N/A記憶と行動-なぜ場所を覚えられるのか塩坂貞夫
N/A食料と環境:遺伝子から見たお米の話島本功
石油から植物への文明の転換吉田和哉
 
2004年 テーマ「ユビキタス・コンピューティングと社会」
ソフトウェアは何処まで頼りになるか飯田元
たくさんの報酬を得ようとする動物や機械の学習石井信
ディジタルテレビを科学する岡田実
暗号技術の過去・現在・未来楫勇一
そしてコンピュータは消える : モノと情報とネットワーク門林雄基
機械の眼に必要な予測と学習の能力柴田智広
コンピュータは人間の会話についてなにが分かるか?ニック・キャンベル
未来のコンピュータはお喋り上手だけど聞き上手 : 音声対話技術の将来猿渡洋
 
2003年 テーマ「生活の中の光科学と光技術」
光を電気に変える池田篤志
生き物が光を感じる仕組み今元泰
情報化時代の光技術 : デジタルカメラから光ファイバ通信まで太田淳
光で探るナノ物質の世界金光義彦
光を使って原子や電子を見てみよう大門寛
形を整えた高分子と光の相互作用中野環
シリコンで創る極微なナノらせんの世界藤木道也
 
2002年 テーマ「ここまで進んだバイオの研究」
植物のいのちのつながり磯貝彰
光と味覚と薬の開発と伊東広
細胞が増えるしくみ加藤順也
骨を造る仕組み・守る仕組み竹家達夫
植物の形作り田坂昌生
生活を彩る植物成分橋本隆
身近な微生物, 役に立つ微生物森浩禎
野生スイカはなぜ強い?横田明穂
 
2001年 テーマ「暮らしの中の情報技術」
暮らしの中の画像情報処理とその応用木戸出正継
暮らしの中の制御技術 : システム科学の応用として杉本謙二
情報の流れをつかさどる関浩之
医用画像診断装置と情報技術千原國宏
オートメーションと人間西谷紘一
暮らしを変えるソフトウェア松本健一
次世代インターネット技術山口英
人のことばとコンピュータのコトバ渡邉勝正
 
2000年 テーマ「生活の中の物質と科学 : エレクトロニクス、医療、エネルギー」
量子の世界と物質科学相原正樹
高分子の世界今西幸男
夢の光 : シンクトロン放射奥田浩司
生物に学ぶ新しい科学の流れ菊池純一
くすりと有機化学古賀憲司
分子と生物とエレクトロニクス小夫家芳明
IT革命を支えるフォトニクス布下正宏
暮らしを支えるエネルギーエレクトロニクス : 材料・デバイスの将来展望冬木隆