学位論文PDF提出システム - 博士トップ
title_ja
[ English | Japanese ]


博士論文PDF 提出について

>趣旨

このシステムは、審査に合格した博士論文を学生本人がPDFファイル化して、図書館に提出するためのシステムです。

提出されたPDFファイルは機関リポジトリ・図書館HPより公表いたします。

(「博士論文公表延期願」が提出されている場合はインターネット公表を保留します。下記注意事項を参照してください。)

>注意事項

必ず「博士FAQ」をお読みください。

このシステムで提出するPDF化した博士論文は、 あくまでもインターネットを利用して公表するためのものです。
学位取得に係わる博士論文の提出については、 各研究科の事務室にお問い合わせください。

1年以内に博士論文全文をインターネットで公表できるかどうかに関わらず、全員博士論文PDFを提出してください。

「やむを得ない事由」により博士論文全文を、1年以内にインターネットによる公表ができない場合は、
「やむを得ない事由」が解消されるまでインターネットによる公表を行いません。

「やむを得ない事由」がある場合はPDF提出と合わせて、
「博士論文公表方法の変更について」に従って手続きをしてください。

「やむを得ない事由」が解消された場合には速やかに附属図書館まで連絡願います。

なお、必ず審査に合格した博士論文の最終版を用いてPDF化してください。

>提出期限

平成30年6月修了予定者: 平成30年6月18日(月)

>PDFファイル作成について

PDFファイルは600dpi~2400dpi程度の解像度での作成を推奨します。

PDFファイルのセキュリティ設定は行わないでください。

暗号化、文書を開くパスワードの設定及び印刷を制限するパスワードの設定は行わないでください。

フォントを埋め込んだPDFにしてください(外部フォント等を参照しないでください)。

> ログイン

ログインには、曼陀羅ネットワークのアカウントが必要です。

アカウントをお持ちでない方は、 以下の問い合わせ先までメールでご連絡ください。

> 言語

博士論文の言語が日本語、英語に関わらず、 日本語の入力が必要な項目があります。
日本語入力が可能な環境でご利用下さい。

> 問い合わせ先

mailto:

> 障害報告

電子図書館システムトラブル連絡

学位論文PDFファイルの提出

> 論文提出フォームは以下からご利用ください。

論文提出フォーム

>ヘルプ

>FAQ

> 附属図書館のページに戻る

提出後の博士論文の閲覧について

>提出後の博士論文の閲覧については 附属図書館学位論文資料利用要綱をご覧下さい。


奈良先端科学技術大学院大学
附属図書館
mailto: