奈良先端科学技術大学院大学附属図書館

ヘルプ English
ログイン 終了

検索結果詳細 : ビデオ

金ナノ粒子にレーザーをあてると何が起こるか? MPMeister

キン ナノ リュウシ ニ レーザー ヲ アテル ト ナニ ガ オコル カ?

橋本修一

生駒 : 奈良先端科学技術大学院大学, 2017.12

この資料の関連情報

所蔵:
  巻号 刷年 所在 請求記号 資料ID 貸出区分 状況 予約人数
1 MPMeister   電子化情報 LA-M-R[Flash][Mobile] M014956   0
内容紹介 : 金ナノ粒子は、その溶液がワインレッドで有名です。この色は、金ナノ粒子が特定の波長の光を自分の周りに集めて、これを強く吸収・散乱することに起因することが100年くらい前にわかりました。この金ナノ粒子にレーザーをあてるとどうなるでしょう?実験してみると、金は加熱されて融解して丸くなったり、高温のため蒸発して粒子が小さくなりました。また、水中では高温状態の金の周りの水が加熱されて水蒸気気泡を発生します。これらの現象は目視では見えないため、光学顕微鏡や電子顕微鏡などで観察します。細かく調べてみると融点より低い温度で融解が始まるとか、沸点より低い温度で表面から金の蒸発が起こることも分かりました。水蒸気気泡も水の沸点よりかなり高い200℃以上(過熱状態)で起こるようです。というわけで日常世界とかなり違う現象がナノの世界では起こっているようです。最近、水中で金ナノ粒子1個を加熱することで、対流などのマイクロ流体現象をつかって分子を動かして金ナノ粒子の周りに集めることができることがわかりました。金ナノ粒子とレーザーの相互作用についてその一端をお話しできればと思います。
刊年 : 2017
形態 : 電子化映像資料
シリーズ名 :

光ナノサイエンス特別講義 ; 平成29年度

注記 :

講演者所属::徳島大学

講演日: 平成29年12月20日

講演場所: 物質創成科学研究科大講義室

標題言語 : (jpn)
本文言語 : (jpn)
著者情報 :

橋本, 修一 (ハシモト, シュウイチ)