奈良先端科学技術大学院大学附属図書館

ヘルプ English
ログイン 終了

検索結果詳細 : ビデオ

光パルスで分子を調べる:誘導ラマン効果とその顕微鏡への応用 MPMeister

ヒカリパルス デ ブンシ ヲ シラベル : ユウドウラマンコウカ ト ソノ ケンビキョウ ヘ ノ オウヨウ

小関 泰之

生駒 : 奈良先端科学技術大学院大学, 2015.12

この資料の関連情報

所蔵:
  巻号 刷年 所在 請求記号 資料ID 貸出区分 状況 予約人数
1 MPMeister   電子化情報 LA-M-R[Flash][Mobile] M013220   0
内容紹介 : われわれはものを見るとき、その色や形から見分けています。ですから、透明な ものを見分けるのは難しいわけです。透明なものの性質を、別の形の 「色」と して見せてくれるものにラマン効果があります。ラマン効果を使うと、物質の分 子振動の情報を使って、透明な試料をカラーで可視化すること ができます。従 来、ラマン効果は発生効率が低く、その検出には長い時間がかかっていました。 最近、光パルスを用いてこのラマン効果を効率良く発生 させることで、透明な 生体をリアルタイムで可視化する顕微鏡が開発され、生物学・医学への応用が進 められています。本講義では、光パルスを使った ラマン効果のひとつである誘 導ラマン効果と、その顕微鏡への応用について紹介します。
刊年 : 2015
形態 : 電子化映像資料(1時間26分49秒)
シリーズ名 :

光ナノサイエンス特別講義 ; 平成27年度

注記 :

講演者所属: 東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻

講演日: 平成27年12月14日

講演場所: 物質創成科学研究科大講義室

標題言語 : (jpn)
本文言語 : (jpn)
著者情報 :

小関, 泰之 (オゼキ, ヤスユキ)