Digital Library of Nara Institute of Science and Technology

Help Japanese
Login Exit

Search Result in Detail : Video

光励起高密度電子正孔系における光学およびテラヘルツ光吸収スペクトル MPMeister

ヒカリ レイキ コウミツド デンシ セイコウケイ ニ オケル コウガク オヨビ テラヘルツ ヒカリ キュウシュウ スペクトル

稲垣剛

生駒 : 奈良先端科学技術大学院大学, 2012.6

Related materials

Holdings:
  Volume Printing year Location Call Number Material ID Circulation class Status Waiting
1 MPMeister   Digital Library LA-M-R[Flash][Mobile] M010311   0
Contents Intro. : 光によって半導体中に励起された電子と正孔は、励起光の強度が十分に弱い場合、クーロン引力の為に励起子と呼ばれる束縛状態を作る。励起子のボーズ・アインシュタイン凝縮(BEC)状態は、平均励起子間距離が熱的ドブロイ波長程度になる低温で実現されると考えられている状態であるが、低温かつ高密度に励起子を生成することが難しかったために、この状態に到達したと誰もが認めるような実験はこれまで存在しなかった。しかし、近年の実験技術の進歩に伴い励起子BEC状態に到達したと示唆される実験が報告された。本講義では、励起子のボーズ・アインシュタイン凝縮状態と電子正孔BCS状態のクロスオーバーを可視光吸収、フォトルミネッセンスおよびテラヘルツ光吸収スペクトルの観点から議論する。
Publication year : 2012
Form : 電子化映像資料(1時間11分57秒)
Series title :

光ナノサイエンス特別講義 ; 平成24年度

Note :

講演者所属: 本学物質創成科学研究科准教授

講演日: 平成24年6月22日

講演場所: 物質創成科学研究科大講義室

Country of publication : Japan
Title language : Japanese (jpn)
Language of texts : Japanese (jpn)
Author information :

稲垣, 剛 (イナガキ, ツヨシ)