DSpace Repository

独立成分分析を導入した空間的サブトラクションアレーによるハンズフリー音声認識システムの開発

Show simple item record

dc.contributor.author 高橋 祐 ja
dc.contributor.author 猿渡 洋 ja
dc.contributor.author 鹿野 清宏 ja
dc.date.accessioned 2012-07-05T07:00:51Z en
dc.date.available 2012-07-05T07:00:51Z en
dc.date.issued 2010-03 en
dc.identifier.issn 1880-4535 en
dc.identifier.uri http://hdl.handle.net/10061/7842 en
dc.description.abstract 本論文では,独立成分分析(ICA)に基づいた頑健な雑音推定を備える改良型空間的サブトラクションアレー(SSA)を新たに提案する.我々は既に,ハンズフリー音声認識に有効な雑音抑圧手法として,SSAを提案している.従来SSAにおける雑音抑圧は,死角制御ビームフォーマ(NBF)によって推定された雑音を観測信号からスペクトル減算することにより実現される.しかしながら,従来SSAを実環境において運用する場合,室内残響やマイクロホン素子誤差の影響によりNBFの雑音推定精度が低下し,雑音抑圧能力が大きく劣化する問題があった.我々はこの問題を解決するためにICAを導入し,NBFによる雑音推定フィルタを残響や素子誤差に適応させたロバストSSAアルゴリズムを提案する.音声認識実験により,提案するロバストSSAが従来SSAに比べて高い音声認識性能を有することを示す.更に,このロバストSSAのリアルタイムアルゴリズムを開発し,実環境において動作するハンズフリー音声対話システムを構築する. ja
dc.language.iso ja en
dc.publisher 電子情報通信学会 ja
dc.rights Copyright (C) 2010 電子情報通信学会. ja
dc.subject マイクロホンアレー ja
dc.subject ハンズフリー ja
dc.subject 音声強調 ja
dc.subject 独立成分分析 ja
dc.subject リアルタイム ja
dc.title 独立成分分析を導入した空間的サブトラクションアレーによるハンズフリー音声認識システムの開発 ja
dc.title.alternative Development of Hands-Free Speech Recognition System Based on Spatial Subtraction Array with Independent Component Analysis en
dc.type.nii Journal Article en
dc.textversion publisher en
dc.identifier.ncid AA12099634 en
dc.identifier.jtitle 電子情報通信学会論文誌D ja
dc.identifier.volume J93-D en
dc.identifier.issue 3 en
dc.identifier.spage 312 en
dc.identifier.epage 325 en
dc.identifier.url https://search.ieice.org/ en
dc.relation.isIdenticalTo http://ci.nii.ac.jp/naid/110007588766 en


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account