DSpace Repository

並列ICAによる雑音推定に基づくリアルタイムブラインド音源抽出マイクロホンの開発

Show simple item record

dc.contributor.author 稗方 孝之 ja
dc.contributor.author 池田 陽平 ja
dc.contributor.author 橋本 裕志 ja
dc.contributor.author 森田 孝司 ja
dc.contributor.author 張 若愚 ja
dc.contributor.author 高橋 祐 ja
dc.contributor.author 猿渡 洋 ja
dc.contributor.author 鹿野 清宏 ja
dc.date.accessioned 2012-07-05T07:00:50Z en
dc.date.available 2012-07-05T07:00:50Z en
dc.date.issued 2009-10 en
dc.identifier.issn 1880-4535 en
dc.identifier.uri http://hdl.handle.net/10061/7838 en
dc.description.abstract 我々は拡散性雑音環境下で特に有効な新しいブラインド音源抽出法(Blind Source Extraction:BSE)を提案する.本手法は,目的音を主に取得する主マイクロホンと周囲環境音を主に取得する参照マイクロホンを音入力手段とし,主マイクロホンと参照マイクロホンの各組の信号をもとに並列に動作する複数の周波数領域独立成分分析法(Frequency-Domain Independent Component Analysis:FDICA),逆投影法(Projection Back:PB),及びスペクトル減算(Spectral Subtraction:SS)を組み合わせて構成されている.更に,我々は本提案法の実用性を示すためにディジタルシグナルプロセッサ(Digital Signal Processor:DSP)へ実装して,リアルタイムに目的音源を抽出可能なポケットサイズの音源抽出マイクロホンを開発した.本論文では,これらの手法の詳細について述べるとともに,マイクロホンに実装した提案法の性能を音源抽出性能,音質,主観評価相当値の観点から,様々な雑音環境下での実験にて評価し,提案法並びに開発したマイクロホンの有効性を示した. ja
dc.language.iso ja en
dc.publisher 電子情報通信学会 ja
dc.rights Copyright (C) 2009 電子情報通信学会. ja
dc.subject ブラインド音源抽出 ja
dc.subject DSP en
dc.subject リアルタイム処理 ja
dc.subject ポケットサイズマイクロホン ja
dc.title 並列ICAによる雑音推定に基づくリアルタイムブラインド音源抽出マイクロホンの開発 ja
dc.title.alternative Development of Real-Time Blind Source Extraction Microphone Based on Noise Estimation by Parallel ICAs en
dc.type.nii Journal Article en
dc.textversion publisher en
dc.identifier.ncid AA12099634 en
dc.identifier.jtitle 電子情報通信学会論文誌D ja
dc.identifier.volume J92-D en
dc.identifier.issue 10 en
dc.identifier.spage 1772 en
dc.identifier.epage 1783 en
dc.identifier.url https://search.ieice.org/ en
dc.relation.isIdenticalTo http://ci.nii.ac.jp/naid/110007387810 en


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account