DSpace Repository

カスタマイズ性を考慮した擬人化音声対話ソフトウェアツールキットの設計

Show simple item record

dc.contributor.author 川本 真一 ja
dc.contributor.author 下平 博 ja
dc.contributor.author 新田 恒雄 ja
dc.contributor.author 西本 卓也 ja
dc.contributor.author 中村 哲 ja
dc.contributor.author 伊藤 克亘 ja
dc.contributor.author 森島 繁生 ja
dc.contributor.author 四倉 達夫 ja
dc.contributor.author 甲斐 充彦 ja
dc.contributor.author 李 晃伸 ja
dc.contributor.author 山下 洋一 ja
dc.contributor.author 小林 隆夫 ja
dc.contributor.author 徳田 恵一 ja
dc.contributor.author 広瀬 啓吉 ja
dc.contributor.author 峯松 信明 ja
dc.contributor.author 山田 篤 ja
dc.contributor.author 伝 康晴 ja
dc.contributor.author 宇津呂 武仁 ja
dc.contributor.author 嵯峨山 茂樹 ja
dc.date.accessioned 2012-07-05T07:00:38Z en
dc.date.available 2012-07-05T07:00:38Z en
dc.date.issued 2002-07 en
dc.identifier.issn 1882-7837 en
dc.identifier.uri http://hdl.handle.net/10061/7780 en
dc.description.abstract 本論文では,擬人化音声対話エージェントを将来のヒューマンインタフェースの重要な技術要素として位置づけ,研究開発の共通プラットフォームとなりうる高いカスタマイズ可能性を備えたソフトウェアツールキットの実現を目指し,それに必要な要素とその実現技術について論じる.今後のヒューマンインタフェース技術において,コンピュータがあたかも一個の人間として振る舞い,人間の顔や姿を持ち,ユーザと音声言語で対話するようにすることは,大きな目標の1つである.このような研究開発を進めるにあたっては,多分野の協力が必要であり,研究成果を集積していくための共通プラットフォームが必要である.それには,音声認識,音声合成,画像合成,対話制御などの基本モジュールと,それらを統合制御する仕組みが必要である.さらに,個性の表現や広い応用などのためには,各モジュールは高い基本機能のみならずカスタマイズ可能性が重要である.このため,筆者らは,顔画像が容易に交換可能で,音声合成が話者適応可能で,対話制御の記述変更が容易で,さらにこれらの機能モジュール自体を別のモジュールに差し替えることが容易であるなどの特徴を持つ擬人化音声対話エージェントシステムを構想し,実装した.いくつかの簡単な対話タスクについてエージェントを試作し,必要な機能に関する達成度を確認した. ja
dc.description.abstract This paper discusses the design and architecture of a software toolkit for building an easily customizable anthropomorphic spoken dialog agent (ASDA). Human-like spoken dialogue agent is one of the promising man-machine interface for the next generation. Simply combining, however, the existing software modules for speech recognition, speech synthesis, faceanimation synthesis and dialogue control do not lead to a satisfying agent system as might be expected. ASDA requires more sophisticated functions of the modules than those when the modules are used independently, as well as the integration mechanism. Another problem with ASDA was that it required great customization effort for any user-system interaction task. Therefore, developing an easy-to-customize software platform for ASDA is quite meaningful, though it is still a great challenge in both research and development aspects. This paper discusses basic and essential requirements for ASDA systems, and software modules for the system are designed to fulfill the requirements. Using this software toolkit, A prototype agent system has been developed on a UNIX-based system using this software toolkit. Finally, we discuss current achievements of the toolkit. en
dc.language.iso ja en
dc.publisher 電子情報通信学会 ja
dc.rights Copyright (C) 2002 電子情報通信学会. ja
dc.title カスタマイズ性を考慮した擬人化音声対話ソフトウェアツールキットの設計 ja
dc.title.alternative Design of Software Toolkit for Anthropomorphic Spoken Dialog Agent Software with Customization-oriented Features en
dc.type.nii Journal Article en
dc.textversion publisher en
dc.identifier.ncid AA12317677 en
dc.identifier.jtitle 情報処理学会論文誌 ja
dc.identifier.volume 43 en
dc.identifier.issue 7 en
dc.identifier.spage 2249 en
dc.identifier.epage 2263 en
dc.identifier.NAIST-ID 73296626 en
dc.relation.isIdenticalTo http://ci.nii.ac.jp/naid/110002771207 en


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account