DSpace Repository

時間領域平滑化群遅延を用いた短時間位相の効率的表現方法

Show simple item record

dc.contributor.author 坂野 秀樹 ja
dc.contributor.author 陸 金林 ja
dc.contributor.author 中村 哲 ja
dc.contributor.author 鹿野 清宏 ja
dc.contributor.author 河原 英紀 ja
dc.date.accessioned 2012-07-05T07:00:36Z en
dc.date.available 2012-07-05T07:00:36Z en
dc.date.issued 2001-04 en
dc.identifier.issn 0915-1923 en
dc.identifier.uri http://hdl.handle.net/10061/7770 en
dc.description.abstract 音声の短時間位相を効率的に表現する方法を提案する.本論文では, 音声の群遅延を逆フーリエ変換したものを適当な次数で打ち切った時間領域平滑化群遅延(TSGD)を用いることにより, 短時間位相を表現することを試みる.セグメンタルSNRによる実験を行った結果, TSGDの100次以下に波形の形状に関する情報が集中していることがわかった.また, 主観評価実験により, TSGDの次数を30次程度とした場合に, 原音とほとんど区別のつかない高品質な音声が合成されることが示され, 提案手法により短時間位相を効率的に表現できることが示された.また, 提案手法を用いれば, これまで分析合成方式で問題になっていた有声無声判定の誤りによる劣化も抑えられるため, 音声符号化や声質変換などの応用に有効であると考えられる. ja
dc.language.iso ja en
dc.publisher 電子情報通信学会 ja
dc.rights Copyright (C) 2001 電子情報通信学会. ja
dc.subject 短時間位相 ja
dc.subject フーリエ変換 ja
dc.subject 群遅延 ja
dc.subject 時間領域平滑化群遅延 ja
dc.title 時間領域平滑化群遅延を用いた短時間位相の効率的表現方法 ja
dc.title.alternative Efficient Representation of Short-Time Phase Based on Time-Domain Smoothed Group Delay en
dc.type.nii Journal Article en
dc.textversion publisher en
dc.identifier.ncid AN1007132X en
dc.identifier.jtitle 電子情報通信学会論文誌D-II ja
dc.identifier.volume J84-D-II en
dc.identifier.issue 4 en
dc.identifier.spage 621 en
dc.identifier.epage 628 en
dc.identifier.url https://search.ieice.org/ en
dc.identifier.NAIST-ID 73296626 en
dc.relation.isIdenticalTo http://ci.nii.ac.jp/naid/110003184120 en


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account