DSpace Repository

調波成分の瞬時周波数を用いた基本周波数推定方法

Show simple item record

dc.contributor.author 阿竹 義徳 ja
dc.contributor.author 入野 俊夫 ja
dc.contributor.author 河原 英紀 ja
dc.contributor.author 陸 金林 ja
dc.contributor.author 中村 哲 ja
dc.contributor.author 鹿野 清宏 ja
dc.date.accessioned 2012-07-05T07:00:34Z en
dc.date.available 2012-07-05T07:00:34Z en
dc.date.issued 2000-11 en
dc.identifier.issn 0915-1923 en
dc.identifier.uri http://hdl.handle.net/10061/7759 en
dc.description.abstract 河原らにより開発されたSTRAIGHTは, VOCODER型分析合成方式であるにもかかわらず, 原音に迫る高い自然性をもった分析合成音を得ることが可能である.しかし, 耐雑音性が低く, 雑音環境下では合成音声の品質が大きく劣化するという弱点があった.それは, STRAIGHTが処理の各段階に基本周期にした処理を積極的に利用していて, 雑音により推定された基本周波数が誤差を含んだ場合, その影響を大きく受けることが原因と考えられる.そこで本論文では, その欠点を克服するために耐雑音性の高い基本周波数推定方法を提案する.このため, 従来のTEMPO法で用いられてきた基本波成分だけではなく, その調波成分も利用し, Cohenの帯域幅方程式を用いて統合する新しい方法を提案する.また, 提案手法の性能の評価のために, 音声データとEGGデータを同時収録したデータベースを作成した.これを用いて提案法及びTEMPO法などの従来法と推定精度の比較をした結果, 提案法は他の従来法に比べて無雑音では同等以上で, 雑音付加時の推定精度は大幅に改善されることがわかった. ja
dc.language.iso ja en
dc.publisher 電子情報通信学会 ja
dc.rights Copyright (C) 2000 電子情報通信学会. ja
dc.subject 基本周波数 ja
dc.subject 不動点 ja
dc.subject 調波成分 ja
dc.subject STRAIGHT en
dc.subject 帯域幅方程式 ja
dc.title 調波成分の瞬時周波数を用いた基本周波数推定方法 ja
dc.title.alternative Robust Estimation of Fundamenta Frequency Using Instantaneous Frequencies of Harmonic Components en
dc.type.nii Journal Article en
dc.textversion publisher en
dc.identifier.ncid AN1007132X en
dc.identifier.jtitle 電子情報通信学会論文誌D-II ja
dc.identifier.volume J83-D-II en
dc.identifier.issue 11 en
dc.identifier.spage 2077 en
dc.identifier.epage 2086 en
dc.identifier.url https://search.ieice.org/ en
dc.identifier.NAIST-ID 73296626 en
dc.relation.isIdenticalTo http://ci.nii.ac.jp/naid/110003183817 en


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account