DSpace Repository

CSP法による音源位置同定を備えたマルチビームフォーミング

Show simple item record

dc.contributor.author 西浦 敬信 ja
dc.contributor.author 西岡 良典 ja
dc.contributor.author 山田 武志 ja
dc.contributor.author 中村 哲 ja
dc.contributor.author 鹿野 清宏 ja
dc.date.accessioned 2012-07-05T07:00:33Z en
dc.date.available 2012-07-05T07:00:33Z en
dc.date.issued 2000-07 en
dc.identifier.issn 0915-1923 en
dc.identifier.uri http://hdl.handle.net/10061/7751 en
dc.description.abstract 本論文では, マイクロホンアレーを用いることにより, 残響下で音声を高品質に収録する方法について検討する.これまでに, 残響を効果的に抑圧する方法としてFlanaganらによりマルチビームフォーミングが提案されている.しかし, このマルチビームフォーミングでは部屋の形状や目的の音源の位置という事前知識から直接音と反射音の到来位置を計算するので, 実用には向かないという問題がある.本論文では, 部屋の形状や目的の音源に位置という事前知識を用いずに, 直接音と反射音の到来位置を同定することによりマルチビームフォーミングを行う方法を提案する.鏡像法によるシミュレーション実験及び廊下における実環境実験により提案法の有効性を評価した.まず, 部屋の形状と目的の音源の位置が未知という条件で, 直接音と反射音に到来位置の同定実験を行った.その結果, 直接音の到来位置の同定誤差は小さいことがわかった.また, 反射音の到来位置の同定に関しては誤差が大きくなるものの, 到来方向として見た場合には真の到来方向とほぼ等しくなることがわかった.次に, 提案法の出力信号をSNRにより評価した.その結果, シングルビームフォーミングよりもマルチビームフォーミングの方が有効であることが明らかとなった. ja
dc.language.iso ja en
dc.publisher 電子情報通信学会 ja
dc.rights Copyright (C) 2000 電子情報通信学会. ja
dc.subject ハンズフリー ja
dc.subject マイクロホンアレー ja
dc.subject マルチビームフォーミング ja
dc.subject 反射音 ja
dc.subject 音源位置同定 ja
dc.title CSP法による音源位置同定を備えたマルチビームフォーミング ja
dc.title.alternative Multiple Beamforming with Source Localization Based on CSP Analysis en
dc.type.nii Journal Article en
dc.textversion publisher en
dc.identifier.ncid AN1007132X en
dc.identifier.jtitle 電子情報通信学会論文誌D-II ja
dc.identifier.volume J83-D-II en
dc.identifier.issue 7 en
dc.identifier.spage 1610 en
dc.identifier.epage 1619 en
dc.identifier.url https://search.ieice.org/ en
dc.identifier.NAIST-ID 73296626 en
dc.relation.isIdenticalTo http://ci.nii.ac.jp/naid/110003183802 en


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account