DSpace Repository

隠れマルコフモデルを用いた最ゆう推定に基づく誤り訂正

Show simple item record

dc.contributor.author 米崎 正 ja
dc.contributor.author 吉田 幸司 ja
dc.contributor.author 八木 敏男 ja
dc.contributor.author 鹿野 清宏 ja
dc.date.accessioned 2012-07-05T07:00:32Z en
dc.date.available 2012-07-05T07:00:32Z en
dc.date.issued 2000-01 en
dc.identifier.issn 0913-5707 en
dc.identifier.uri http://hdl.handle.net/10061/7748 en
dc.description.abstract 隠れマルコフモデル(HMM)を利用した通信路誤り訂正法を提案する.提案法は受信符号列による制約の下, 情報源モデル(HMM)通信路モデルから算出される二つの確率を用いて, 送信符号列を最ゆう推定するものである.したがって, 誤り訂正符号を付加する必要はなく, 既存の符号化方式に対して提案法を復号器の前処理に用いることで誤り耐性を向上させることができる.LSPパラメータを量子化した符号列を用いて, 提案法に基づく誤り訂正によるケプストラムひずみの低減効果を調べた.その結果, 3%ランダム誤りを付加した符合列に対して, 提案法は約39%ひずみを低減(16状態HMM)することが確かめられた. ja
dc.language.iso ja en
dc.publisher 電子情報通信学会 ja
dc.rights Copyright (C) 2000 電子情報通信学会. ja
dc.subject 誤り訂正 ja
dc.subject 隠れマルコフモデル ja
dc.subject 情報源モデル ja
dc.subject 通信路モデル ja
dc.subject 最ゆう推定 ja
dc.title 隠れマルコフモデルを用いた最ゆう推定に基づく誤り訂正 ja
dc.title.alternative An Error Correction Approach Based on the Maximum Likelihood Estimation Combined with Hidden Markov Models en
dc.type.nii Journal Article en
dc.textversion publisher en
dc.identifier.ncid AN10013345 en
dc.identifier.jtitle 電子情報通信学会論文誌A ja
dc.identifier.volume J83-A en
dc.identifier.issue 1 en
dc.identifier.spage 1 en
dc.identifier.epage 8 en
dc.identifier.url https://search.ieice.org/ en
dc.relation.isIdenticalTo http://ci.nii.ac.jp/naid/110003313468 en


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account