DSpace Repository

音声認識のためのマイクロホンアレー設計尺度についての検討

Show simple item record

dc.contributor.author 井上 雅晶 ja
dc.contributor.author 山田 武志 ja
dc.contributor.author 中村 哲 ja
dc.contributor.author 鹿野 清宏 ja
dc.date.accessioned 2012-07-05T07:00:30Z en
dc.date.available 2012-07-05T07:00:30Z en
dc.date.issued 1998-11 en
dc.identifier.issn 0915-1923 en
dc.identifier.uri http://hdl.handle.net/10061/7741 en
dc.description.abstract 実環境下でハンズフリーな音声認識を実現するためにマイクロホンアレーの適用について検討している.一般に, マイクロホンアレーの雑音抑圧性能は, マイクロホン数, マイクロホン間隔, 配置などのパラメータに大きく依存する.従来.これらのパラメータは指向性や信号対ひずみ比などの音響的尺度により決定されていたが.必ずしも音声認識に適していないという問題があった.本論文では, 音声認識性能を反映するようなマイクロホンアレー設計尺度について検討する.まず, 音声認識に適したマイクロホンアレー設計尺度には, 全周波数帯域での雑音抑圧, 音声の周波数特性に応じた雑音抑圧, 雑音や残響の周波数特性に応じた雑音抑圧が十分に反映される必要があることを実験的に示す.そして, これらの条件を満たす尺度として周波数ごとにひずみに基づく尺度(Normalized Distortion to Signal Ratio : NDSR)を提案する.NDSRの有効性を検証するために, 種々のマイクロホンアレーを用いて認識実験を行った.その結果, 従来の設計尺度よりもNDSRが音声認識性能を良好に反映していることが明らかとなった. ja
dc.language.iso ja en
dc.publisher 電子情報通信学会 ja
dc.rights Copyright (C) 1998 電子情報通信学会. ja
dc.subject 音声認識 ja
dc.subject マイクロホンアレー ja
dc.subject 雑音 ja
dc.subject 残響 ja
dc.subject マイクロホンアレー設計尺度 ja
dc.title 音声認識のためのマイクロホンアレー設計尺度についての検討 ja
dc.title.alternative Microphone Array Design Measures for Hands-Free Speech Recognition en
dc.type.nii Journal Article en
dc.textversion publisher en
dc.identifier.ncid AN1007132X en
dc.identifier.jtitle 電子情報通信学会論文誌D-II ja
dc.identifier.volume J81-D-II en
dc.identifier.issue 11 en
dc.identifier.spage 2511 en
dc.identifier.epage 2518 en
dc.identifier.url https://search.ieice.org/ en
dc.identifier.NAIST-ID 73296626 en
dc.relation.isIdenticalTo http://ci.nii.ac.jp/naid/110003227977 en


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account