DSpace Repository

雑音・残響環境下でのHMM分解・合成法によるモデル適応化

Show simple item record

dc.contributor.author 滝口 哲也 ja
dc.contributor.author 中村 哲 ja
dc.contributor.author 鹿野 清宏 ja
dc.date.accessioned 2012-07-05T07:00:30Z en
dc.date.available 2012-07-05T07:00:30Z en
dc.date.issued 1998-10 en
dc.identifier.issn 0915-1923 en
dc.identifier.uri http://hdl.handle.net/10061/7740 en
dc.description.abstract ユーザがマイクロホンから離れて発話した場合のハンズフリー音声認識に対しては, 残響環境下において認識精度が劣化してしまう.なぜなら, その音声は, 周囲の雑音および残響の影響を受けてしまい, 学習データと観測データとの間にミスマッチが生じてしまうためである.それらの影響に対処するために, 筆者らは, これまでに音響伝達特性HMMを作成し, HMM合成法による音声認識法を提案した[1], [2].しかし, その方法では認識を行う前に, あらかじめ各場所からの音声伝達特性を測定する必要があった.本論文では, 音響伝達特性HMMの推定を, 観測信号より行う方法を提案する.この方法では, 話者の場所が既知である必要はなく, 任意の場所から発話された適応データを用いて, 最ゆう推定に基づき, HMMを一つの既知HMMともう一つのHMMに分解し, モデルパラメータの推定を行う.音素を単位にした500単語認識実験の結果, 特定話者認識率が77.2%から91.2%に, 不特定話者認識率は54.4%から66.2%に改善され, 提案方法の有効性が示された. ja
dc.language.iso ja en
dc.publisher 電子情報通信学会 ja
dc.rights Copyright (C) 1998 電子情報通信学会. ja
dc.subject 雑音 ja
dc.subject 残響 ja
dc.subject モデル適応 ja
dc.subject HMM分解・合成 ja
dc.subject ハンズフリー音声認識 ja
dc.title 雑音・残響環境下でのHMM分解・合成法によるモデル適応化 ja
dc.title.alternative Model Adaptation by HMM Decomposition and Composition in Noisy Reverberant Environments en
dc.type.nii Journal Article en
dc.textversion publisher en
dc.identifier.ncid AN1007132X en
dc.identifier.jtitle 電子情報通信学会論文誌D-II ja
dc.identifier.volume J81-D-II en
dc.identifier.issue 10 en
dc.identifier.spage 2231 en
dc.identifier.epage 2238 en
dc.identifier.url https://search.ieice.org/ en
dc.identifier.NAIST-ID 73296626 en
dc.relation.isIdenticalTo http://ci.nii.ac.jp/naid/110003227912 en


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account