DSpace Repository

Browsing 情報科学研究科 / Graduate School of Information Science by Title

Browsing 情報科学研究科 / Graduate School of Information Science by Title

Sort by: Order: Results:

  • 小林, 寛武; 戸田, 航史; 亀井, 靖高; 門田, 暁人; 峯, 恒憲; 鵜林, 尚靖 (電子情報通信学会, 2013-08-01)
    ソフトウェアテスト・保守において,限られたリソースで信頼性を確保することを目的として,モジュールに含まれるfaultの有無や数を予測するモデルが数多く提案されている.しかし,従来研究では,評価用のプロジェクト(データセット)の数が少ない,比較に用いたモデル数が少ない,モジュールの規模を考慮した評価を行っていない(fault密度を予測していない),モデル構築用と評価用のデータセットを同じサンプルから抽出している(バージョンをまたがる評価を ...
  • 長行, 康男; 伊藤, 実 (一般社団法人電子情報通信学会, 2003-11-01)
    本論文では,2体エージェント確率ゲームにおける新たな強化学習法を提案する.提案する手法では,他エージェントが実際に実行した行動の観測情報をもとに他エージェントの政策(行動決定関数)を推定し,その推定した政策を利用して他エージェントが未来に実行する行動を予測する.そして,その予測行動を利用しながら強化学習を進行する.提案した手法を2体エージェント確率ゲームの枠組みでモデル化した追跡問題に適用し,実験を行い,提案手法の有効性を示す.
  • 清川, 皓太; 山本, 眞也; 柴田, 直樹; 安本, 慶一; 伊藤, 実 (一般社団法人情報処理学会, 2011-02-15)
    本論文では,ネットワーク接続された多数の情報家電を一元的かつ直観的な操作により遠隔地からの制御を可能にする情報家電リモコンのフレームワークUbiREMOTEを提案する.UbiREMOTEは,ホームネットワークが敷設された空間の間取りとそこに設置された多数の情報家電を模した3D仮想空間を構築し,対象となる空間と情報家電の動作状況を3Dグラフィックスでリモコン端末に表示する機能,および,一般的な赤外線リモコンを用いて操作する手順に似せたイン ...
  • Aoto, Takahito; Sato, Tomokazu; Mukaigawa, Yasuhiro; Yokoya, Naokazu (Springer, 2017-04-08)
    Common light sources such as an ordinary flashlight with lenses and/or reflectors make complex 4-D light field that cannot be represented by conventional isotropic distribution model nor point light source model. This paper ...
  • 油谷,曉; 垣内,正年; 香取,啓志; 尾久土,正己; 猪俣,敦夫; 藤川,和利; 砂原,秀樹; 眞鍋,佳嗣; 千原,國宏 (日本ソフトウェア科学会, 2011-11-30)
    2009年7月22日に日本で皆既日食という天体ショーが起こり,様々な組織が皆既日食映像の伝送実験や多彩なイベントを行った.4K超高精細映像の伝送方法について共同研究を行っている朝日放送株式会社(ABC)では大規模なIPネットワークを使用した全天4K超高精細映像の伝送実験を企画し,奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)も参加協力を行った.この伝送実験では,世界初の試みとして,皆既日食が起こっている場所の臨場感を全天4K超高精細映像を使用 ...
  • Sekii, Taiki; Sato, Tomokazu; Kume, Hideyuki; Yokoya, Naokazu (一般社団法人情報処理学会, 2013-08-23)
    A new method for estimating a six-degrees-of-freedom camera pose for a ground-view image using reference points on an aerial image is presented. Unlike typical PnP problems, altitude information is not available for the ...
  • Arata Itoh; Sunao Hara; Norihide Kitaoka; Kazuya Takeda (電子情報通信学会, 2012-10)
    A novel speech feature generation-based acoustic model training method for robust speaker-independent speech recognition is proposed. For decades, speaker adaptation methods have been widely used. All of these adaptation ...
  • Shiro Ise; Hideki Tachibana (日本音響学会, 1996-11)
    An active absorber of sound using an adaptive algorithm is studied. To realize an active sound absorber, the incident wave on the absorber which is usually mixed with the reflected wave, must be known. In conventional ...
  • Matsumoto, Yoshihide; Hazeyama, Hiroaki; Kadobayashi, Youki (Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, 2008-05-01)
    The Bloom Filter (BF), a space-and-time-efficient hashcoding method, is used as one of the fundamental modules in several network processing algorithms and applications such as route lookups, cache hits, packet classification, ...
  • Yamato Ohtani; Tomoki Toda; Hiroshi Saruwatari; Kiyohiro Shikano (電子情報通信学会, 2010-06)
    In this paper, we describe a novel model training method for one-to-many eigenvoice conversion (EVC). One-to-many EVC is a technique for converting a specific source speaker's voice into an arbitrary target speaker's voice. ...
  • Okura, Fumio; Akaguma, Takayuki; Sato, Tomokazu; Yokoya, Naokazu (Springer, 2016-01-02)
    Indirect augmented reality (IAR) employs a unique approach to achieve high-quality synthesis of the real world and the virtual world, unlike traditional augmented reality (AR), which superimposes virtual objects in real ...
  • Okura, Fumio; Kanbara, Masayuki; Yokoya, Naokazu (Springer, 2014-08-27)
    This paper describes a framework for aerial imaging of high dynamic range (HDR) scenes for use in virtual reality applications, such as immersive panorama applications and photorealistic superimposition of virtual objects ...
  • Phannachitta, Passakorn; Ihara, Akinori; Jirapiwong, Pijak; Ohira, Masao; Matsumoto, Kenichi (電子情報通信学会, 2012-09-01)
    Nowadays, software development societies have given more precedence to Open Source Software (OSS). There is much research aimed at understanding the OSS society to sustain the OSS product. To lead an OSS project to a ...
  • Matsumura, Tomoko; Morisaki, Shuji; Monden, Akito; Matsumoto, Ken-Ichi (Taylor & Francis, 2008-09-01)
    This paper describes an empirical study to reveal factors influencing defect correction effort in software development. In the study we collected various attributes (metrics) of defects found in a typical medium-scale, ...
  • 玉田, 春昭; 中村, 匡秀; 門田, 暁人; 松本, 健一 (電子情報通信学会, 2007-10-01)
    名前難読化とは,プログラム中の名前(識別子)を別の名前に付け替えることで,プログラムを理解しづらいものにするソフトウェア保護手法である.従来の名前難読化手法は,各名前を静的に別の文字列で置換するものであり,プログラム中に現れる任意のユーザ定義の名前を隠ぺいできる.しかしながら,従来手法を用いてシステム定義の名前(標準ライブラリやAPIの呼出し等)を難読化することは,プログラムの移植性を著しく低下させるため,現実的に不可能である.そこで本 ...
  • 岡本, 圭司; 玉田, 春昭; 中村, 匡秀; 門田, 暁人; 松本, 健一 (電子情報通信学会, 2006-08-01)
    本論文では,ソフトウェア盗用の発見・立証を効率的に支援するための動的バースマークを提案する.動的バースマークf(p, I)はソフトウェアpを入力Iで実行した場合のpの振舞いから得られる,pのもつユニークな特徴の集合である.ソフトウェアp, qが存在し,f(p, I) = f(q, I)であれば,qはpの盗用である疑いが強い.本論文では,2種類の動的バースマークを提案する.提案手法では,ソフトウェア実行時のAPI呼出し情報を,個々のソフト ...
  • Murata, Yoshihiro; Ishihara, Yasunori; Ito, Minoru (一般社団法人電子情報通信学会, 2002-04-01)
    The Task-Coalition Assignment Problem (TCAP) is a formalization of the distributed computation problem. In TCAP, a set of agents and a set of tasks are given. A subset of the agents processes a task to produce benefit. The ...
  • 伏田,享平; 高田,純; 米光,哲哉; 福地,豊; 川口,真司; 飯田,元 (情報処理推進機構, 2009-11-11)
    ソフトウェア開発プロセス改善策の1つとして,定量的に測定されたデータを利用したプロセスの定量的管理が注目されている.しかし,開発プロセスにおける定量的管理の実施は困難である.この原因の1つとして,定量的管理計画の立案作業が複雑であるからと考えられる.本研究では,定量的管理を取り入れたソフトウェア開発プロセスのためのオーサリング・テーラリングフレームワークを提案する.本フレームワークは,定量的管理計画の立案に必要な組織レベル及びプロジェク ...
  • Nakashima, Yuta; Uno, Yusuke; Kawai, Norihiko; Sato, Tomokazu; Yokoya, Naokazu (Springer, 2015-01-22)
    Augmented reality (AR) applications often require virtualized real objects, i.e., virtual objects that are built based on real objects and rendered from an arbitrary viewpoint. In this paper, we propose a method for real ...
  • Morisawa, Yoshitomi; Inoue, Katsuro; Torii, Koji (Elsevier, 2002-06-01)
    The software architecture of a system has influences against various software characteristics of the system such as efficiency, reliability, maintainability, etc. For supporting to design the software architecture, we have ...

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account