DSpace Repository

学術雑誌論文 / Journal Article

学術雑誌論文 / Journal Article

Recent Submissions

  • Miyazaki, Ryoji; Watanabe, Tetsuro; Yoshitani, Kohei; Akiyama, Yoshinori (eLife Sciences Publications, Ltd, 2021-09-07)
    The outer membrane (OM) of Gram-negative bacteria functions as a selective permeability barrier. Escherichia coli periplasmic Zn-metallopeptidase BepA contributes to the maintenance of OM integrity through its involvement ...
  • Bénassy, Grégory; Ooshita, Fukuhito; Inoue, Michiko (John Wiley & Sons, Ltd, 2021-01-26)
    The distributed ledger or blockchain technologies originated from the Bitcoin have been rapidly widespread in recent years. However, it also gives incentive to malicious users who would like to break the system or take ...
  • MATSUNAGA, Takeaki; ZHANG, Yuanyu; SASABE, Masahiro; KASAHARA, Shoji (The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, 2021-08-05)
    The Proof of Stake (PoS) protocol is one of the consensus algorithms for blockchain, in which the integrity of a new block is validated according to voting by nodes called validators. However, due to validatororiented ...
  • Zhang, Yuanyu; Nakanishi, Ruka; Sasabe, Masahiro; Kasahara, Shoji (MDPI, 2021-07-26)
    Unauthorized resource access represents a typical security threat in the Internet of Things (IoT), while distributed ledger technologies (e.g., blockchain and IOTA) hold great promise to address this threat. Although ...
  • 澤田, 悠冶; 寺西, 裕紀; 松本, 裕治; 渡辺, 太郎 (一般社団法人言語処理学会, 2021-03-16)
    固有表現認識は,人名や地名などの専門用語 (固有表現) をテキストから自動的に抽出する自然言語処理のタスクの一つである.近年では,これまでの科学技術の発展に伴う論文アーカイブの蓄積に伴い,各分野の論文を解析して,物質や微生物の特徴・専門知識を機械的に獲得する自然言語処理技術の応用が期待されている.固有表現認識の手法は,人手による素性設計を必要としないニューラルネットワークの導入によって顕著に発展しているが,対応が困難な固有表現が存在し, ...
  • KASAHARA, Shoji (一般社団法人電子情報通信学会, 2021-06-09)
    Bitcoin is one of popular cryptocurrencies widely used over the world, and its blockchain technology has attracted considerable attention. In Bitcoin system, it has been reported that transactions are prioritized according ...
  • Katsuyama, Taiki; Kadoya, Minori; Shirai, Manabu; Sasai, Noriaki (John Wiley & Sons, Ltd, 2021-06-28)
    Background The neural tube comprises several different types of progenitors and postmitotic neurons that co-ordinately act with each other to play integrated functions. Its development consists of two phases: proliferation ...
  • Taguchi, Chihiro; Watanabe, Taro (一般社団法人言語処理学会, 2021-03-16)
    In Somali, the four lexemes u, ku, ka, la (ukklshenceforth) are called in various terminologies such as“prepositions”, “prepositional indicators”, “adpo sitional verbal particles”, and “verbal adpositions”.However, as this ...
  • Tokuda, Tomoki; Yamashita, Okito; Sakai, Yuki; Yoshimoto, Junichiro (Frontiers Media, 2021-08-18)
    Recently, the dimensional approach has attracted much attention, bringing a paradigm shift to a continuum of understanding of different psychiatric disorders. In line with this new paradigm, we examined whether there was ...
  • 新妻, 巧朗; 渡辺, 太郎 (一般社団法人言語処理学会, 2021-03-16)
    近年の自然言語処理の応用研究において、ElmoやBERTが, 自然言語理解タスクや質問応答タスクにおいてめざましい成果を残したことを受け、事前学習済み言語モデルが一般的に使われるようになってきている. これらの言語モデルは, 共参照解析といったタスクにおいても高い成績を残している一方で, 大規模なコーパスを用いて学習されているために, KuritaらやNangiaらがコーパスに明示的あるいは暗黙的に含まれているSocial ...
  • MORITA, Hiromu; HIRAO, Toshiki; ISHIO, Takashi; NITTA, Shota; MORI, Yasunao; MATSUMOTO, Kenichi (日本ソフトウェア科学会, 2021-09-27)
    In the software industry, a variety of training courses have been adopted by companies for educating entry-level engineers to learn the basic knowledge of computer science and programming language(s). While such training ...
  • 山口, 泰弘; 進藤, 裕之; 渡辺, 太郎 (一般社団法人言語処理学会, 2021-03-16)
    情報抽出とは自然言語で書かれた文書から構造化された情報を構築する技術である.一般的な情報抽出は,与えられた文から目的の用語を示すスパンを抽出する固有表現認識と,抽出されたスパンの間の関係を予測する関係抽出,スパンの共参照関係を予測する共参照解決など複数のタスクからなる.これらのタスクはこれまで別々に研究が進められていて,特に関係抽出や共参照解決ではタスクでは,文と対象のスパンが与えられたもとで関係を予測する手法が多く研究されている.情報 ...
  • 澤邊, 太志; 神原, 誠之; 藤本, 雄一郎; 加藤, 博一 (一般社団法人電子情報通信学会, 2021-06-30)
    自動運転分野において,継続的な利用という観点で必要となる搭乗者の快適性に関する研究は未だ少ない. 特に, 酔いという観点では, 従来運転手であった人も運転から解放され,搭乗者の一人となることによって,車酔いの増加が予測される.また,フロントガラスへのVR/AR技術による情報提示の増加によって,従来は発生しえなかったVR酔い発症についても対処する必要がある. 本研究では,自動運転時の搭乗者の快適性向上を目的とし, 自動走行環境内での,アク ...
  • 平野, 颯; 野村, 航; 進藤, 裕之; 渡辺, 太郎 (一般社団法人言語処理学会, 2021-03-17)
    生物学と情報科学の学際的分野であるバイオインフォマティクスにおいて,実験から得られた情報からの知識発見は課題の一つである.例えば大腸菌について,ゲノム(遺伝情報)の化学合成および最小化を目的とするゲノムデザインを目指し,遺伝子欠失株と呼ばれる特定遺伝子が機能しない細胞を用いて,「どの遺伝子が削れるのか」という観点から研究が進められている.しかし遺伝的相互作用の組み合わせが非常に多く,生物学的知見がもっとも大きい生物である大腸菌でさえ,ゲ ...
  • Kobayashi, Kazuo (Public Library of Science, 2021-07-19)
    Biofilms are multispecies communities, in which bacteria constantly compete with one another for resources and niches. Bacteria produce many antibiotics and toxins for competition. However, since biofilm cells exhibit ...
  • 伊藤, 薫; 石尾, 隆; 神田, 哲也; 井上, 克郎 (一般社団法人電子情報通信学会, 2021-08-01)
    ひとたびソフトウェアプロダクトがリリースされると,そこから派生した個別のソフトウェアプロダクトが多数開発される.それらのソフトウェアプロダクトはお互いに派生関係をもち,大部分は共通したソースコードをもつ.このようなソースコードの再利用は開発の効率化や品質向上に効果があるが,再利用元の脆弱性や欠陥なども取り込んでしまう問題がある.そのような脆弱性や欠陥の修正を派生関係をもつソフトウェアプロダクト群に対して効果的に行うためには,正確な派生関 ...
  • 廣瀬, 雄士; 新保, 仁; 渡辺, 太郎 (一般社団法人言語処理学会, 2021-03-17)
    実世界の情報をデータ化する手法として知識グラフが知られている.知識グラフはエンティティを頂点とし,リレーションを辺のラベルとする有向グラフである.辺を表すヘッドエンティティ,リレーション,テールエンティティの三つ組(𝑒ℎ, 𝑟, 𝑒𝑡)は,トリプレットと呼ばれ,知識グラフはトリプレットの集合ともみなせる.知識グラフの例として,YAGO,Freebase,WordNetがあり,Q&A,エンティティリンキングなどの自然言語処理タスク ...
  • 岩田, 晟; 渡辺, 太郎; 永田, 昌明 (一般社団法人言語処理学会, 2021-03-18)
    日本語や中国では,文中の主語や目的語などの構成要素が省略されることがあり,このような省略をゼロ代名詞という.例えば,日英翻訳タスクにおいて日本語側の省略を補完する必要があり,結果として,このような省略は自然言語処理の応用タスクへと大きな影響を与える.近年では共参照解析やNERなどを質問応答(Question Answering,QA)の一つであるSQuAD形式\citeSQuADのスパン予測問題として捉える研究がある. 本研究ではゼロ ...
  • NAKAYAMA, Sahoko; TJANDRA, Andros; SAKTI, Sakriani; NAKAMURA, Satoshi (The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, 2021-10-01)
    The phenomenon where a speaker mixes two or more languages within the same conversation is called code-switching (CS). Handling CS is challenging for automatic speech recognition (ASR) and text-to-speech (TTS) because it ...
  • Yamaguchi, Nobutoshi (The Genetics Society of Japan, 2021-09-16)
    Plant adaptation to high temperature, often referred to as heat acclimation, is a process in which exposure to moderately high temperatures increases a plant's tolerance to subsequent (normally) lethal high temperatures. ...

View more