DSpace Repository

Use Case Mapsを用いたサービス競合可能シナリオの導出と実験的評価

Show simple item record

dc.contributor.author リーラープルット, パッタラ ja
dc.contributor.author 中村, 匡秀 ja
dc.contributor.author 松本, 健一 ja
dc.contributor.author 菊野, 亨 ja
dc.date.accessioned 2018-04-02T08:21:41Z en
dc.date.available 2018-04-02T08:21:41Z en
dc.date.issued 2005-07-01 en
dc.identifier.issn 1344-4697 en
dc.identifier.uri http://hdl.handle.net/10061/12310 en
dc.description.abstract サービス競合(Feature Interactions)とは,複数の通信サービスを組み合わせたとき,単独サービスで予期しない動作が発生する不具合を指す.すべてのサービス競合を厳密に検出し,解消することは,サービス数及びシナリオ数の組合せ爆発により,非常に困難な問題として知られている.そこで,本研究では電話通信サービスを対象として,サービス開発の要求段階において,「競合が起こりがちな」シナリオを低コストで導出するための枠組みを提案する.具体的には,Use Case Maps(UCMs)と呼ばれる要求記述法のスタブプラグインという概念を利用し,基本電話サービスと付加サービスのシナリオを記述する.その後,UCMs上の三つのパス条件により,サービス競合が発生する可能性の高いシナリオを導出する.UCMsのシンプルなパス解析により,競合の可能性があるシナリオを大幅に絞り込むことができる.また,実際の携帯電話サービスに提案法を適用して評価実験を行った.2560の全サービスシナリオに対して,提案法の適用により競合可能シナリオを148にまで絞り込むことができた.検証の結果,導出された競合可能シナリオには,既知のサービス競合がすべて含まれることが分かった.更に,いくつかの新たなサービス競合を発見できた. ja
dc.language.iso ja en
dc.publisher 電子情報通信学会 ja
dc.rights Copyright c 2005 IEICE en
dc.subject サービス競合 ja
dc.subject 競合可能シナリオ ja
dc.subject シナリオ導出 ja
dc.subject Use Case Maps en
dc.subject 電話通信サービス ja
dc.title Use Case Mapsを用いたサービス競合可能シナリオの導出と実験的評価 ja
dc.title.alternative Derivation and Evaluation of Feature Interaction Prone Scenarios with Use Case Maps en
dc.type.nii Journal Article en
dc.contributor.transcription マツモト, ケンイチ ja
dc.contributor.alternative Matsumoto, Kenichi en
dc.textversion publisher en
dc.identifier.jtitle 電子情報通信学会論文誌 B ja
dc.identifier.volume J88-B en
dc.identifier.issue 7 en
dc.identifier.spage 1237 en
dc.identifier.epage 1247 en
dc.identifier.NAIST-ID 73292310 en
dc.relation.isIdenticalTo http://search.ieice.org/bin/summary.php?id=j88-b_7_1237&category=B&year=2005&lang=J&abst= en


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account