DSpace Repository

先端科学技術研究科 / Graduate School of Science and Technology

先端科学技術研究科 / Graduate School of Science and Technology

Recent Submissions

  • 石長, 篤人; 新井, イスマイル; 垣内, 正年; 藤川, 和利 (情報処理学会, 2021-02-25)
    公共交通機関における利便性は利用者の利用意欲に直接的な影響を与えている.利便性を向上させる方法の1つとして,利用者への到着時刻予測の提供が挙げられる.特に路線バスにおいては,天候,乗降者数,交通状況など様々な要素が複雑に関係しており,正確な予測を行うことは難しい.路線バスにおける到着時刻予測の既存研究の中で,現状,Convolutional LSTMをベースにバス路線の過去の運行データを特徴量として用いた手法が最も有効である.しかしなが ...
  • 川島, 将渡; 遠藤, 新; 垣内, 正年; 新井, イスマイル; 藤川, 和利 (情報処理学会, 2022-02-28)
    路線バスにおいて,効率的な運行のために利用者の動向把握は必要不可欠である.利用動向の把握には,OD(Origin-Destination)データの使用が最も効果的であるが,現状,OD データの取得は人手に頼った手法が主流となっている.そのため,本研究では,OD データの自動取得を目的とし,プライバシーや金銭コストの観点から,スマートフォンが発するパケットを用いた OD データの自動取得手法について着目した.しかし,プライバシー保護の観点から,ランダム ...
  • Ye, Bi; Fujimoto, Yuichiro; Uchimine, Yuta; Sawabe, Taishi; Kanbara, Masayuki; Kato, Hirokazu (Optica, 2022-05-09)
    Lenslet array (LA) near-eye displays (NEDs) are a recent technical development that creates a virtual image in the field of view of one or both eyes. A problem occurs when the user’s pupil moves out of the LA-NED eye box ...
  • 池上, 綾乃; 佐藤, 郁弥; Ani, Hovhannisyan; 石尾, 隆; 松本, 健一 (情報処理学会, 2022-03-04)
    データ分析技術は情報社会における重要な技術のひとつである.世界規模のデータ分析コミュニティである Kaggle では,データ分析技術を競うコンペティションの実施や,データ分析に使用したプログラムの公開,共有が行われている.データ分析プログラムには,プログラムの再利用がコピー&ペーストで行われるという特徴がある.一方で,類似するプログラム片を複数箇所に記述すると,保守性の低下を招くと言われており,これを防ぐためには関数の定義やライブラリの ...
  • Sawabe, Taishi; Honda, Suguru; Sato, Wataru; Ishikura, Tomoki; Kanbara, Masayuki; Yoshikawa, Sakiko; Fujimoto, Yuichiro; Kato, Hirokazu (Nature Research, 2022-04-27)
    A gentle touch is an essential part of human interaction that produces a positive care effect. Previously, robotics studies have shown that robots can reproduce a gentle touch that elicits similar, positive emotional ...
  • 成, 泰鏞; 石尾, 隆; 松本, 健一 (情報処理学会, 2022-03-04)
    ソフトウェア保守において,ソフトウェアはデバッグ,機能追加などの理由により変更が加えられる.開発者は,プログラム変更前後の動作の変化を把握することが重要である.Omniscient Debugging に用いる実行トレースは,プログラムの実行開始から終了までの命令が網羅的に記録されている.実行トレースから詳細な実行系列を把握することができる.一方で,実行トレースは膨大なデータ量となることがあり,ソフトウェア変更前後の実行トレースを直接比 ...
  • 池上, 綾乃; Hovhannisyan, Ani; 石尾, 隆; 竹之内, 啓太; 松本, 健一 (情報処理学会, 2021-08-30)
    ビジネスにおけるデータ分析のためのプログラミング言語として,初心者が学習しやすく,データ分析に適したライブラリが豊富である Python が注目されている.データ分析における Python プログラムは,アプリケーション開発で作られるプログラムよりも比較的短く,単純な構造で実装されていることが報告されており,その特徴を利用したプログラム作成の支援が可能であると考えられる.一方で,データ分析において実際にどのようなライブラリを用いて,どの ...
  • 山内, 翔太郎; 澤邊, 太志; 藤本, 雄一郎; 神原, 誠之; 加藤, 博一 (一般社団法人電子情報通信学会, 2022-02-24)
    昨今では介護士の不足や、在宅介護者の「介護疲れ」が深刻な問題となっており、タッチケアを人間の代わりに行う介護ロボットの導入が期待されている。人間に代わる介護ロボットのケアについて扱った先行研究として、マルチモーダルインタラクションを用いたケアに関する研究が挙げられる。しかし、これらの研究では、話しながらなでる際の「人らしいなで方」について詳しく調査されていない。本研究では「人らしいなで方」のモデル化と、ロボットへのモデル適用を目標とし、 ...
  • MIYAMOTO, Kana; TANAKA, Hiroki; NAKAMURA, Satoshi (Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, 2022-05-01)
    Music is often used for emotion induction because it can change the emotions of people. However, since we subjectively feel different emotions when listening to music, we propose an emotion induction system that generates ...
  • 阿部, 将士; 秋吉, 拓斗; 澤邊, 太志 (一般社団法人電子情報通信学会, 2022-03-02)
    VRライブにおいて観客同士の反応の共有は一体感を向上させる上で非常に重要な要素の一つである.一体感向上を目的とするVRライブの従来研究では,NPCの動きに着目したものが多く,参加者へのフィードバックを行うものは未だ少ない.そこで,本研究では参加者の生体情報に基づいて,視覚,聴覚,触覚への刺激を通して観客同士の反応を共有することで一体感を向上させるシステム「Hype Live」 を提案する.その先駆けとしてライブ特有のモッシュと呼ばれる周 ...
  • 田井中, 渓志; 淺田, 樹生; 山内, 翔太郎; 児玉, 哲哉; 川瀬, 寛也; 澤邊, 太志; 神原, 誠之 (一般社団法人電子情報通信学会, 2022-03-02)
    行動変容を促す手法として罰と報酬を組み合わせて与えるオペラント条件付けがある.この手法を基に先行研究では受け手が好意を持つエージェントによる冷たい振る舞いと優しい振る舞いを組み合わせたツンデレインタラクションを提案した.本稿では,ツンデレを職業的に利用しているメイドカフェのスタッフとそのスタッフに対して好意を持つ常連客の方々28人を対象に,スタッフによるツンデレインタラクションを受けた常連客の支配的・服従的な性格の違いと作業意欲の関係の ...
  • 澤邊, 太志; 神原, 誠之; 藤本, 雄一郎; 加藤, 博一 (一般社団法人電子情報通信学会, 2022-02-14)
    本研究では,自動走行環境内での搭乗者の快適性向上を目的とし,XRモビリティプラットフォームを用いた移動感覚制御の手法を提案する.快適性向上ためには,車両から搭乗者が受ける加速度刺激による移動感覚を少なくすることが重要である.VR分野では,発生していない移動感覚を疑似的に再現するドライビングシミュレータの研究が提案されているが,本研究ではその点と逆に,自動走行車両によって実際に発生している移動感覚を,いかに少なくするかを論点とする.自動運 ...
  • 柳田, 智也; サクテイ, サクリアニ; 中村, 哲 (情報処理学会, 2022-04-15)
    同時音声通訳システムは,話者の発話中に翻訳を行い音声を生成する.その実現のために,文より短いテキストから,音声を生成する逐次音声合成が必要である.本論文は,同時音声通訳システムの実現を目指して,日本語における逐次音声合成の提案を目的とする.先行研究は,逐次音声合成のために使用する言語特徴を制限し,合成範囲を単語としている.しかし,日本語音声合成は,アクセント句と呼ばれる単位が重要であり,単語の逐次音声合成が,音声品質と遅延のトレードオフ ...
  • Matsumoto, Katsuhisa; Miyao, Tomoyuki; Funatsu, Kimito (American Chemical Society, 2021-04-28)
    In ligand-based drug design, quantitative structure–activity relationship (QSAR) models play an important role in activity prediction. One of the major end points of QSAR models is half-maximal inhibitory concentration ...
  • Jinjyo, Tomomi; Mizuno, Hitoshi; Bando, Kazuki; Sasaki, Fumio; Yanagi, Hisao (Wiley, 2022-01-22)
    Herein, 5,5'-bis(4-biphenylyl)-2,2'-bithiophene (BP2T or PPTTPP) nanocrystals are prepared via a modified miniemulsion technique. X-ray diffraction and selected area electron diffraction analyses reveal that the BP2T ...
  • 田井中, 渓志; 児玉, 哲哉; 川瀬, 寛也; イシドロ, ブタスラク; 澤邊, 太志; 神原, 誠之 (一般社団法人電子情報通信学会, 2021-02-23)
    エージェントやロボットなどの対話を通じて,人の行動を変化させる「行動変容」を実現することで,教育・医療などでの活用が期待されている.従来,ロボットインタラクションによって人の行動変容を誘発するために,共感や激励といった好意的インタラクションを行う研究が多く行われてきた.本研究では,罪と報酬を組み合わせて与えることで行動変容を促す手法であるオペラント条件付けに基づいて,罪にツンツン(冷たい振る舞い)と,報酬にデレデレ(優しい振る舞い)を組 ...
  • Loo, Eliza P.-I.; Tajima, Yuri; Yamada, Kohji; Kido, Shota; Hirase, Taishi; Ariga, Hirotaka; Fujiwara, Tadashi; Tanaka, Keisuke; Taji, Teruaki; Somssich, Imre E.; Parker, Jane E.; Saijo, Yusuke (The American Phytopathological Society in cooperation with the International Society for Molecular Plant-Microbe Interactions, 2022-04-27)
    In plants, a first layer of inducible immunity is conferred by pattern recognition receptors (PRRs) that bind microbe- and damage-associated molecular patterns to activate pattern-triggered immunity (PTI). PTI is strengthened ...
  • Nakamura, Masayoshi; Yagi, Noriyoshi; Hashimoto, Takashi (Cambridge University Press, 2022-04-11)
    Microtubule severing by katanin plays key roles in generating various array patterns of dynamic microtubules, while also responding to developmental and environmental stimuli. Quantitative imaging and molecular genetic ...
  • Matsumura, Takafumi; Noda, Taichi; Satouh, Yuhkoh; Morohoshi, Akane; Yuri, Shunsuke; Ogawa, Masaki; Lu, Yonggang; Isotani, Ayako; Ikawa, Masahito (Frontiers Media, 2022-01-12)
    Fertilization occurs as the culmination of multi-step complex processes. First, mammalian spermatozoa undergo the acrosome reaction to become fusion-competent. Then, the acrosome-reacted spermatozoa penetrate the zona ...
  • Ohno, Kazunori; Sato, Kotaro; Hamada, Ryunosuke; Kubo, Takatomi; Ikeda, Kazushi; Nagasawa, Miho; Kikusui, Takefumi; Nayak, Sandeep Kumar; Kojima, Shotaro; Tadokoro, Satoshi (IEEE, 2022-01-25)
    Physiological measurements of dogs' emotional states during human-animal interactions are essential for understanding the underlying biological relationship. Heart rate measured by electrocardiogram (ECG) can be used for ...

View more