DSpace Repository

Browsing 先端科学技術研究科 / Graduate School of Science and Technology by Title

Browsing 先端科学技術研究科 / Graduate School of Science and Technology by Title

Sort by: Order: Results:

  • Kentaro, Okada; Yuki, Kubota; Taishi, Hirase; Koichi, Otani; Tatsuaki, Goh; Kei, Hiruma; Yusuke, Saijo (Wiley/Blackwell, 2020-11-01)
    ・In Arabidopsis thaliana, PROPEPs and their derived elicitor‐active Pep epitopes provide damage‐associated molecular patterns (DAMPs), which trigger defence responses through cell‐surface receptors PEPR1 and PEPR2. In ...
  • Duc, Minh Tran; Ishiwata-Kimata, Yuki; Thanh, Chi Mai; Kubo, Minoru; Kimata, Yukio (nature, 2019-09-04)
    Upon dysfunction of the endoplasmic reticulum (ER), eukaryotic cells evoke the unfolded protein response (UPR), which, in yeast Saccharomyces cerevisaie cells, is promoted by the ER-located transmembrane endoribonuclease ...
  • Khan, Dawar; Plopski, Alexander; Fujimoto, Yuichiro; Kanbara, Masayuki; Cheng, Zhanglin; Kato, Hirokazu (Springer Nature, 2020-09-02)
    Molecular surface mesh generation plays a vital role in molecular modeling and visualization. However, meshes extracted directly from Protein Data Bank files have several issues such as small and large triangles, redundant ...
  • Xue, Songlin; Kuzuhara, Daiki; Aratani, Naoki; Yamada, Hiroko (MDPI, 2020-10-28)
    Vinylene-bridged cyclic boron–difluoride complex of dipyrrin (BODIPY) trimers were successfully prepared from expanded dimethyl-vinylene bridged hexaphyrin(2.1.2.1.2.1) Me-Hex that has the structure of alternate dipyrrins ...
  • Kuniyoshi, Fusataka; Funatomi, Takuya; Kubo, Hiroyuki; Sawada, Yoshihide; Kato, Yumiko O.; Mukaigawa, Yasuhiro (Springer Nature, 2019-08-01)
    Contact imaging is a compact lensless microscopy technique that allows observation of living cells placed directly on a charge-coupled device sensor. However, captured images exhibit low visibility in general. This work ...
  • Nishimura, Shogo; Nakamura, Takuya; SATO, Wataru; Kanbara, Masayuki; Fujimoto, Yuichiro; Kato, Hirokazu; Hagita, Norihiro (MDPI, 2021-03-11)
    Robots that can talk with humans play increasingly important roles in society. However, current conversation robots remain unskilled at eliciting empathic feelings in humans. To address this problem, we used a robot that ...
  • Maipradit, Rungroj; Treude, Christoph; Hata, Hideaki; Matsumoto, Kenichi (Springer Nature, 2020-09)
    Self-admitted technical debt refers to situations where a software developer knows that their current implementation is not optimal and indicates this using a source code comment. In this work, we hypothesize that it is ...
  • 上田, 裕己; 石尾, 隆; 伊原, 彰紀; 松本, 健一 (日本ソフトウェア科学会, 2020-04-23)
    オープンソースソフトウェアは,多数のパッチからのソースコードの変更提案を受け入れることで高機能・高品質なソフトウェアへと進化している.しかし,パッチ開発者からの変更提案がプロジェクトの実装方針に従っていないことも多く,ソースコードの内容を検証し適切な内容へと改善するために多くの時間コストがかかっている.変更提案の検証コストを削減するためには,パッチ開発者が変更提案前にソースコード上の問題を取り除くことが望ましいが,何を確認しているか具体 ...
  • 西, 陽太; 石尾, 隆; 松本, 健一 (情報処理学会, 2021-02-22)
    プログラミング演習において,学生から提出されたプログラムを確認し内容に応じたフィードバックを返すことは教育上重要であるが,全ての提出を確認することは講師や TA にとって負担の大きい作業であり,効率化する方法が求められる.本研究では,プログラミング初学者を対象としたプログラミング演習において提出されたプログラムを,その計算手順の同一性によって自動分類する手法を提案する.提出されたプログラムから,類似した記述や間違いを含むものを自動でまと ...
  • 米澤, 拓也; 新井, イスマイル; 秋山, 豊和; 藤川, 和利 (情報処理学会, 2019-02-15)
    バス運行業者が導入しているデジタルタコグラフで記録されている運行・回送・休憩といった車両状態は現状,運転者の手入力に依存しており,運転者の負担が大きい.本研究では,デジタルタコグラフから得られる車速・エンジン回転数や,GPS等から得られるセンサデータを機械学習することで,バスの運行状態の自動分類を試みる.センサデータに加えて,それらを加工して得た,停留所・事業所までの距離等の特徴量をランダムフォレストの入力とする自動分類手法を提案・実装 ...
  • 中山, 佐保子; サクティ, サクリアニ; 中村, 哲 (情報処理学会, 2021-03-15)
    会話の中で複数の言語が切り替わる現象は,コードスイッチングと呼ばれる.コードスイッチングは,言語が切り替わる場所や長さによってさまざまなものがある.従来の音声認識システムは,そのようなコードスイッチングを扱うのが難しく,解決すべき課題の1つであった.これまで研究されてきたコードスイッチング音声認識は,言語が混ざったコードスイッチング音声を,そのまま言語が混ざったコードスイッチングテキストに書き起こすことだけを目的とした.それは,結局,コ ...
  • Hattori, Ken (公益社団法人 日本表面真空学会, 2019-07-10)
    We have established the original methodology that enable to observe atomic orderings and arrangements of “surfaces with arbitrary directions” on 3D figured structures, by developing diffraction and microscopy techniques. ...
  • MURAYAMA, MIKURU; NAGASAWA, MIHO; KATAYAMA, MAKI; IKEDA, KAZUSHI; KUBO, TAKATOMI; YAMAKAWA, TOSHITAKA; FUJIWARA, KOICHI; KIKUSUI, TAKEFUMI (Japanese Society for Animal Psychology, 2020-08-03)
    Heart rate variability (HRV) is a physical and noninvasive index of the autonomic nervous system and has been used in a wide range of fields such as human medicine, veterinary and animal behavior. Measuring devices have ...
  • 西郷, 知樹; 峠, 隆之 (日本化学会情報化学部会, 2019-10-21)
  • 中村, 拓; 園部, 達也; 戸田, 裕行; 藤澤, 奈緒美; 武富, 貴史; プロプスキ, アレクサンダー; サンドア, クリスチャン; 加藤, 博一 (一般社団法人 測位航法学会, 2019)
  • 新井, イスマイル (2021-03-02)
  • 新井, イスマイル (2021-03-16)
  • 砂田, 翼; 石尾, 隆; 新田, 章太; 松本, 健一 (情報処理学会, 2021-02-22)
    ソフトウェア開発者の採用活動において,志望者の技術力を評価するためにプログラミング試験を実施する企業が増加している.遠隔にいる志望者に対してオンラインで実施するプログラミング試験では,志望者が他者の解答をそのまま,あるいは改変して提出する盗用行為が対面での試験よりも容易であり,志望者の技術力を正しく評価できないリスクがある.そのため,提出された多数の解答から互いに類似しているソースコードの組を盗用の可能性ありとして検出する手法が求められ ...
  • 大平, 修慈; 井上, 博之; 新井, イスマイル; 藤川, 和利 (情報処理学会, 2019-03-15)
    インターネットとつながる自動車において,カーナビ等の車載インフォテインメントシステム(IVI)へのマルウェアの侵入等による車載LANへのサイバー攻撃が問題となっている.また,マルウェアのような不正なプログラムによる事故が発生した場合,ドライバの過失によるものなのか,マルウェアの車載LANへの侵入・攻撃によるものなのかを区別する仕組みはない.不具合や事故が起こった後のデジタル・フォレンジックのためには,その原因となった事象の証拠保全を行う ...
  • 伊藤, 薫; 石尾, 隆; 神田, 哲也; 井上, 克郎 (一般社団法人電子情報通信学会, 2020-07-01)
    ソフトウェア開発の現場において,オープンソースソフトウェアのソースコードをコピーして再利用することが一般的に行われている.ソフトウェアの再利用は,独自に開発した場合と比べて品質を向上させるが,プロジェクトの開発期間が長くなるにつれ,どこから,どのバージョンをコピーしたのかという情報が失われてしまうことがある.そこで本研究では,分析対象ソフトウェアのソースファイルと再利用したライブラリの版管理システムのリポジトリの内容を比較し,再利用した ...

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account