DSpace Repository

協調フィルタリングに基づく工数見積り手法のデータの欠損に対するロバスト性の評価

Show simple item record

dc.contributor.author 柿元, 健 ja
dc.contributor.author 角田, 雅照 ja
dc.contributor.author 大杉, 直樹 ja
dc.contributor.author 門田, 暁人 ja
dc.contributor.author 松本, 健一 ja
dc.date.accessioned 2018-03-30T07:38:16Z en
dc.date.available 2018-03-30T07:38:16Z en
dc.date.issued 2006-12-01 en
dc.identifier.issn 1881-0225 en
dc.identifier.uri http://hdl.handle.net/10061/12298 en
dc.description.abstract 本論文では,協調フィルタリングに基づいた工数見積り手法(CF-based見積り手法)が,データの欠損に対してどの程度ロバストであるかを実験により評価する.CF-based見積り手法は,ソフトウェア開発プロジェクトの特性値(規模,工期など)を説明変数とし,目的変数である工数を見積もる手法であり,説明変数に未記録の値(欠損値)が含まれる場合にも適用できることが特長である.ただし,欠損値の生じるメカニズムの違い,及び,欠損率の変化が,見積り精度に与える影響(ロバスト性)は従来明らかでなかった.本論文では,欠損値が生じる三つのメカニズムを想定し,それぞれについて欠損率を変化させたデータセットを多数作成し,各データセットを用いて工数見積りを行うことで,ロバスト性を実験的に評価した.実験の結果,CF-based見積り手法が,従来手法であるステップワイズ重回帰分析と欠損値処理を併用する手法よりもロバスト性が高い,すなわち,欠損のメカニズムにかかわらず,欠損率が増大しても見積り精度が大きく低下しないことが示された. ja
dc.language.iso ja en
dc.publisher 電子情報通信学会 ja
dc.rights Copyright c 2006 IEICE en
dc.rights http://search.ieice.org/index.html en
dc.subject 特性値 ja
dc.subject MDT en
dc.subject 欠損メカニズム ja
dc.subject 欠損率 ja
dc.subject ステップワイズ重回帰分析 ja
dc.title 協調フィルタリングに基づく工数見積り手法のデータの欠損に対するロバスト性の評価 ja
dc.title.alternative Evaluating the Robustness of Collaborative Filtering Based Effort Estimation Method against Data Missing en
dc.type.nii Journal Article en
dc.contributor.transcription マツモト, ケンイチ ja
dc.contributor.alternative Matsumoto, Kenichi en
dc.textversion publisher en
dc.identifier.jtitle 電子情報通信学会論文誌 D ja
dc.identifier.volume J89-D en
dc.identifier.issue 12 en
dc.identifier.spage 2602 en
dc.identifier.epage 2611 en
dc.identifier.NAIST-ID 73292310 en
dc.relation.isIdenticalTo http://search.ieice.org/bin/summary.php?id=j89-d_12_2602&category=D&year=2006&lang=J&abst= en


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account