DSpace Repository

異分野コラボレーションとしてのソフトウェア要求抽出の支援

Show simple item record

dc.contributor.author 逵, 明憲 ja
dc.contributor.author 大平, 雅雄 ja
dc.contributor.author 森崎, 修司 ja
dc.contributor.author 松本, 健一 ja
dc.date.accessioned 2018-03-30T07:38:15Z en
dc.date.available 2018-03-30T07:38:15Z en
dc.date.issued 2007-12-01 en
dc.identifier.issn 1881-0225 en
dc.identifier.uri http://hdl.handle.net/10061/12293 en
dc.description.abstract ソフトウェア開発の初期工程であるソフトウェア要求抽出では,ステークホルダ(本論文では,顧客と要求分析者)間の背景知識や専門知識が異なるため,コミュニケーションが困難になる場合が多い.その結果,あいまいな要求が抽出されたり,顧客自身が気づいていない潜在的な要求の抽出に失敗するという問題が生じる.本研究は,ソフトウェア要求抽出を顧客と要求分析者の異分野コラボレーションとしてとらえ,顧客と要求分析者とのコミュニケーションを支援することにより,要求の明確化と顕在化を促進させるための方法を構築することを目的としている.本論文では,異分野協調作業支援環境EVIDII (an Environment for VIsualizing Differences of Individual Impressions) を要求抽出会議へ適用した実験について述べる.実験の結果,EVIDIIを用いた要求抽出会議は,インタビュー形式で行う従来の要求抽出会議に比べて,必須要求及び潜在的要求の抽出の点で優れていることが分かった. ja
dc.language.iso ja en
dc.publisher 電子情報通信学会 ja
dc.rights Copyright c 2007 IEICE en
dc.subject 要求工学 ja
dc.subject ソフトウェア要求抽出 ja
dc.subject 異分野コラボレーション ja
dc.subject アソシエーションの可視化 ja
dc.title 異分野コラボレーションとしてのソフトウェア要求抽出の支援 ja
dc.title.alternative Supporting Software Requirements Elicitation as Collaboration among Heterogeneous Stakeholders en
dc.type.nii Journal Article en
dc.contributor.transcription マツモト, ケンイチ ja
dc.contributor.alternative Matsumoto, Kenichi en
dc.textversion publisher en
dc.identifier.jtitle 電子情報通信学会論文誌 D ja
dc.identifier.volume J90-D en
dc.identifier.issue 12 en
dc.identifier.spage 3151 en
dc.identifier.epage 3160 en
dc.identifier.NAIST-ID 73292310 en
dc.relation.isIdenticalTo http://search.ieice.org/bin/summary.php?id=j90-d_12_3151&category=D&year=2007&lang=J&abst= en


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account