DSpace Repository

11種類のfault密度予測モデルの実証的評価

Show simple item record

dc.contributor.author 小林, 寛武 ja
dc.contributor.author 戸田, 航史 ja
dc.contributor.author 亀井, 靖高 ja
dc.contributor.author 門田, 暁人 ja
dc.contributor.author 峯, 恒憲 ja
dc.contributor.author 鵜林, 尚靖 ja
dc.date.accessioned 2018-03-29T06:16:47Z en
dc.date.available 2018-03-29T06:16:47Z en
dc.date.issued 2013-08-01 en
dc.identifier.issn 1745-1361 en
dc.identifier.uri http://hdl.handle.net/10061/12255 en
dc.description.abstract ソフトウェアテスト・保守において,限られたリソースで信頼性を確保することを目的として,モジュールに含まれるfaultの有無や数を予測するモデルが数多く提案されている.しかし,従来研究では,評価用のプロジェクト(データセット)の数が少ない,比較に用いたモデル数が少ない,モジュールの規模を考慮した評価を行っていない(fault密度を予測していない),モデル構築用と評価用のデータセットを同じサンプルから抽出している(バージョンをまたがる評価を行っていない),といった問題があり,いずれのfault予測モデルが優れているのか明らかでなかった.そこで本論文では,25のオープンソースプロジェクトからそれぞれ2バージョンずつ収集したデータセットを用いて,11種類のfault密度予測モデルの性能を実験的に評価した.実験の結果,樹木モデル(M5)が最も高い性能を有することが分かった. ja
dc.language.iso ja en
dc.publisher 電子情報通信学会 ja
dc.rights Copyright c 2013 IEICE en
dc.subject fault 密度予測 ja
dc.subject 実証的実験 ja
dc.subject オープンソースプロジェクト ja
dc.subject バージョン間の予測 ja
dc.subject Demsar’s significance diagram ja
dc.title 11種類のfault密度予測モデルの実証的評価 ja
dc.title.alternative Experimental Evaluation of Eleven Fault-Density Models en
dc.type.nii Journal Article en
dc.textversion publisher en
dc.identifier.jtitle 電子情報通信学会論文誌 D ja
dc.identifier.volume J96-D en
dc.identifier.issue 8 en
dc.identifier.spage 1892 en
dc.identifier.epage 1902 en
dc.relation.isIdenticalTo https://search.ieice.org/bin/summary.php?id=j96-d_8_1892&category=D&year=2013&lang=J&abst= en


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account