DSpace Repository

焦点外れによるぼけとモーションブラーの推定に基づく拡張現実感における光学的整合性の実現

Show simple item record

dc.contributor.author 奥村, 文洋 ja
dc.contributor.author 神原, 誠之 ja
dc.contributor.author 横矢, 直和 ja
dc.date.accessioned 2016-11-08T07:20:20Z en
dc.date.available 2016-11-08T07:20:20Z en
dc.date.issued 2007-08-01 en
dc.identifier.issn 1881-0225 en
dc.identifier.uri http://hdl.handle.net/10061/11070 en
dc.description.abstract 拡張現実感のための画像合成において,実画像と仮想物体の光学的整合性問題の解決は重要な課題であり,特に実画像と仮想物体の画質の差はユーザに違和感を与える要因の一つである.本論文ではカメラで実環境を撮影した際に生じるぼけを仮想物体に再現可能な画像合成手法を提案する.本手法はシーン中に配置された複数の画像マーカから実画像で生じる焦点外れによるぼけとモーションブラーを推定し,推定したぼけを仮想物体に再現することで実画像と仮想物体の画質の一致を図る.実験では提案手法によって合成された仮想物体と実画像を比較し提案手法の有効性を示す. ja
dc.language.iso ja en
dc.publisher 一般社団法人電子情報通信学会 ja
dc.rights Copyright c 2007 IEICE en
dc.subject 拡張現実感 ja
dc.subject 光学的整合性 ja
dc.subject ぼけ ja
dc.subject モーションブラー ja
dc.subject 画像合成 ja
dc.title 焦点外れによるぼけとモーションブラーの推定に基づく拡張現実感における光学的整合性の実現 ja
dc.title.alternative Photometric Registration Based on Defocus and Motion Blur Estimation for Augmented Reality en
dc.type.nii Journal Article en
dc.contributor.transcription オクムラ, ブンヨウ ja
dc.contributor.transcription カンバラ, マサユキ ja
dc.contributor.transcription ヨコヤ, ナオカズ ja
dc.contributor.alternative Okumura, Bunyo en
dc.contributor.alternative Kanbara, Masayuki en
dc.contributor.alternative Yokoya, Naokazu en
dc.textversion Publisher en
dc.identifier.ncid AA12099634 en
dc.identifier.jtitle 電子情報通信学会論文誌 D ja
dc.identifier.volume J90-D en
dc.identifier.issue 8 en
dc.identifier.spage 2126 en
dc.identifier.epage 2136 en
dc.identifier.NAIST-ID 73292542 en
dc.identifier.NAIST-ID 73292286 en
dc.relation.isIdenticalTo http://search.ieice.org/bin/summary.php?id=j90-d_8_2126 en


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account