DSpace Repository

Browsing by Submit Date

Browsing by Submit Date

Sort by: Order: Results:

  • 阿部, 将士; 秋吉, 拓斗; 澤邊, 太志 (一般社団法人電子情報通信学会, 2022-03-02)
    VRライブにおいて観客同士の反応の共有は一体感を向上させる上で非常に重要な要素の一つである.一体感向上を目的とするVRライブの従来研究では,NPCの動きに着目したものが多く,参加者へのフィードバックを行うものは未だ少ない.そこで,本研究では参加者の生体情報に基づいて,視覚,聴覚,触覚への刺激を通して観客同士の反応を共有することで一体感を向上させるシステム「Hype Live」 を提案する.その先駆けとしてライブ特有のモッシュと呼ばれる周 ...
  • 田井中, 渓志; 淺田, 樹生; 山内, 翔太郎; 児玉, 哲哉; 川瀬, 寛也; 澤邊, 太志; 神原, 誠之 (一般社団法人電子情報通信学会, 2022-03-02)
    行動変容を促す手法として罰と報酬を組み合わせて与えるオペラント条件付けがある.この手法を基に先行研究では受け手が好意を持つエージェントによる冷たい振る舞いと優しい振る舞いを組み合わせたツンデレインタラクションを提案した.本稿では,ツンデレを職業的に利用しているメイドカフェのスタッフとそのスタッフに対して好意を持つ常連客の方々28人を対象に,スタッフによるツンデレインタラクションを受けた常連客の支配的・服従的な性格の違いと作業意欲の関係の ...
  • 澤邊, 太志; 神原, 誠之; 藤本, 雄一郎; 加藤, 博一 (一般社団法人電子情報通信学会, 2022-02-14)
    本研究では,自動走行環境内での搭乗者の快適性向上を目的とし,XRモビリティプラットフォームを用いた移動感覚制御の手法を提案する.快適性向上ためには,車両から搭乗者が受ける加速度刺激による移動感覚を少なくすることが重要である.VR分野では,発生していない移動感覚を疑似的に再現するドライビングシミュレータの研究が提案されているが,本研究ではその点と逆に,自動走行車両によって実際に発生している移動感覚を,いかに少なくするかを論点とする.自動運 ...
  • 柳田, 智也; サクテイ, サクリアニ; 中村, 哲 (情報処理学会, 2022-04-15)
    同時音声通訳システムは,話者の発話中に翻訳を行い音声を生成する.その実現のために,文より短いテキストから,音声を生成する逐次音声合成が必要である.本論文は,同時音声通訳システムの実現を目指して,日本語における逐次音声合成の提案を目的とする.先行研究は,逐次音声合成のために使用する言語特徴を制限し,合成範囲を単語としている.しかし,日本語音声合成は,アクセント句と呼ばれる単位が重要であり,単語の逐次音声合成が,音声品質と遅延のトレードオフ ...
  • Matsumoto, Katsuhisa; Miyao, Tomoyuki; Funatsu, Kimito (American Chemical Society, 2021-04-28)
    In ligand-based drug design, quantitative structure–activity relationship (QSAR) models play an important role in activity prediction. One of the major end points of QSAR models is half-maximal inhibitory concentration ...
  • Jinjyo, Tomomi; Mizuno, Hitoshi; Bando, Kazuki; Sasaki, Fumio; Yanagi, Hisao (Wiley, 2022-01-22)
    Herein, 5,5'-bis(4-biphenylyl)-2,2'-bithiophene (BP2T or PPTTPP) nanocrystals are prepared via a modified miniemulsion technique. X-ray diffraction and selected area electron diffraction analyses reveal that the BP2T ...
  • 田井中, 渓志; 児玉, 哲哉; 川瀬, 寛也; イシドロ, ブタスラク; 澤邊, 太志; 神原, 誠之 (一般社団法人電子情報通信学会, 2021-02-23)
    エージェントやロボットなどの対話を通じて,人の行動を変化させる「行動変容」を実現することで,教育・医療などでの活用が期待されている.従来,ロボットインタラクションによって人の行動変容を誘発するために,共感や激励といった好意的インタラクションを行う研究が多く行われてきた.本研究では,罪と報酬を組み合わせて与えることで行動変容を促す手法であるオペラント条件付けに基づいて,罪にツンツン(冷たい振る舞い)と,報酬にデレデレ(優しい振る舞い)を組 ...
  • Loo, Eliza P.-I.; Tajima, Yuri; Yamada, Kohji; Kido, Shota; Hirase, Taishi; Ariga, Hirotaka; Fujiwara, Tadashi; Tanaka, Keisuke; Taji, Teruaki; Somssich, Imre E.; Parker, Jane E.; Saijo, Yusuke (The American Phytopathological Society in cooperation with the International Society for Molecular Plant-Microbe Interactions, 2022-04-27)
    In plants, a first layer of inducible immunity is conferred by pattern recognition receptors (PRRs) that bind microbe- and damage-associated molecular patterns to activate pattern-triggered immunity (PTI). PTI is strengthened ...
  • Arai, Ismail; El-Tawab, Samy; Salman, Ahmad; Elnoshokaty, Ahmed (IEEE, 2022-01-31)
    The communication revolution that happened in the last ten years has increased the use of technology in the transportation world. Intelligent Transportation Systems wish to predict how many buses are needed in a transit ...
  • Sawabe, Taishi; Kanbara, Masayuki; Fujimoto, Yuichiro; Kato, Hirokazu (IEEE, 2022-04-20)
    This paper investigates a reduction method for passenger's movement sensation with the XR mobility platform mounted on an autonomous vehicle to improve passenger comfort during auto-driving. We investigate a reduction ...
  • Abe, Masashi; Akiyoshi, Takuto; Butaslac, Isidro; Hangyu, Zhou; Sawabe, Taishi (IEEE, 2022-04-20)
    We propose Hype Live, a system to improve the sense of unity by sharing responses through visual, auditory, and haptic stimuli based on the biometrics of the participants in VR live performances. In this field, the sharing ...
  • Hilal, Amr; Arai, Ismail; El-Tawab, Samy (IEEE, 2021-05-05)
    Indoor localization has been a hot area of research over the past two decades. Since its advent, it has been steadily utilizing the emerging technologies to improve accuracy, and machine learning has been at the heart of ...
  • Arai, Ismail; Elnoshokaty, Ahmed; El-Tawab, Samy (IEEE, 2021-05-25)
    The communication technology revolution in this era has increased the use of smartphones in the world of transportation. In this paper, we propose to leverage IoT device data, capturing passengers' smartphones' Wi-Fi data ...
  • Chi, Zihao; Niu, Zhaofeng; Sawabe, Taishi (IEEE, 2022-04-20)
    Effective indoor navigation is a challenging task for people with low vision, even they can potentially benefit from visual cue. Many researchers have proposed various approaches to improve the efficiency and accuracy of ...
  • Elnoshokaty, Ahmed; Arai, Ismail; El-Tawab, Samy; Salman, Ahmad (IEEE, 2022-04-20)
    The communication technology revolution in this era has increased the use of smartphones in the world of transportation. The public transit system wishes to predict the expected ridership at a specific time. The bus system's ...
  • 田中, 陽 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2021-07-08)
    掌サイズの基板上に微細流路を刻み、そこに複雑な化学・生化学実験プロセスを集積化したマイクロ流体チップは、必要なエネルギーや分析時間の短縮等様々な利点がある。その中でもバイオ分析は主要な応用分野の一つであり、細胞や分子などの高速・精密な分析に利用される。チップ材料には、加工の容易さ・安さから、ポリジメチルシロキサン(PDMS)が多用されるが、低耐圧性等化学・物理的特性、そして光学検出に問題があり、必ずしも多岐にわたるバイオ研究者のニーズに ...
  • 須藤, 克仁 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2021-10-09)
    ことばを翻訳するというのは高度な知的作業であり、コンピュータによる自動翻訳はとても難しい問題です。しかし最近の深層学習技術と大量の翻訳データを利用すれば意外(?)にもできるようになってきています。この公開講座ではその方法について簡単に紹介し、何ができるようになり、まだ何ができないのかをお伝えします。
  • 小野, 直亮 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2021-10-16)
    近年脚光を浴びている深層学習は画像や音声の認識など多様な分野で活躍していますが、本講義では比較的新しいアプローチである化学や薬学への応用について紹介します。ニューラルネットワークによって既知の数万種類の天然化合物の特徴を学習し、分子構造から未知の分子の生物学的な性質を予測する研究などについてお話しします。
  • 荒牧, 英治; 若宮, 翔子 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2021-10-09)
    電子カルテに集積される医療ビッグデータ、それを用いたAIによる診断支援、スマートフォンやスマートスピーカーからの患者情報、さらには、Twitterなどのソーシャルメディアに投稿された患者発言など、医療現場を取り巻く様々な材料・技術が登場しています。本講義では、その中でも、テキストを扱った研究を中心に紹介します。
  • 松尾, 泰樹; 小笠原, 司 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2021-12-03)