第29回 知の森コーナー図書リスト

環境を考える
Thinking about the environment
リンクをクリックすると、貸出状況のチェックや予約ができます(予約にはログインが必要です)。


12030年の世界地図帳 : あたらしい経済とSDGs、未来への展望 (落合陽一著)
2沈黙の春 : [新装版] (レイチェル・カーソン著/青樹簗一訳)
3環境学 : 21世紀の教養 (京都大学で環境学を考える研究者たち編)
4中国の環境問題今なにが起きているのか (DOJIN選書:12) (井村秀文著)
5気候 : 変動し続ける地球環境 (サイエンス・パレット:030) (Mark Maslin著)
6クライメート・チェンジ : 新たな環境倫理の探求と対話 (吉川成美監修)
7技術者倫理を考える : 持続可能な社会をめざして 新版 (石塚正英編著/山家歩 [ほか] 著)
8サステイナブル工学基礎 : 持続的に発展する社会の実現に向けて (芝池成人編著)
9トコトンやさしい海底資源の本 (B&Tブックス. 今日からモノ知りシリーズ) (大高敏男, 乾睦子著)
10海洋地球環境学 : 生物地球化学循環から読む (川幡穂高著)
11チェンジング・ブルー : 気候変動の謎に迫る (大河内直彦著)
12海洋プラスチック汚染 : 「プラなし」博士、ごみを語る (岩波科学ライブラリー:288) (中嶋亮太著)
13よくわかる最新プラスチックの仕組みとはたらき : 最新技術と環境対策まで基本から学ぶ 第3版 (How-nual図解入門) (桑嶋幹, 木原伸浩, 工藤保広著)
14生物とコラボする : バイオプラスチックの未来 (岩波ジュニア新書:759) (工藤律子著)
15休み時間の微生物学 第2版 (休み時間シリーズ) (北元憲利著)
16水の未来 : グローバルリスクと日本 (岩波新書:新赤版 1597) (沖大幹著)
17森の「恵み」は幻想か : 科学者が考える森と人の関係 (DOJIN選書:46) (蔵治光一郎著)
18となりの生物多様性 : 医・食・住からベンチャーまで (宮下直著)
19持続可能性社会を拓くバイオミメティクス : 生物学と工学が築く材料科学 (CSJ Current Review:28) (日本化学会編)
20生物模倣 : 自然界に学ぶイノベーションの現場から (アミーナ・カーン著/松浦俊輔訳)
21エネルギー変換型光触媒 (化学の要点シリーズ:21) (久富隆史, 久保田純, 堂免一成著/日本化学会編)
22環境調和型社会のためのナノ材料科学 (エコトピア科学シリーズ:2) (名古屋大学エコトピア科学研究所編)
23図解・燃料電池自動車のメカニズム : 水素で走るしくみから自動運転の未来まで (ブルーバックス:B-1959) (川辺謙一著)
24「再エネ大国日本」への挑戦 : 再生可能エネルギー+循環型社会が人口減少と温暖化の危機を救う! (SDGs時代の環境問題最前線) (山口豊, スーパーJチャンネル土曜取材班著)
25ストーリーで学ぶ開発経済学 : 途上国の暮らしを考える (有斐閣ストゥディア) (黒崎卓, 栗田匡相著)
26トコトンやさしいスマートコミュニティの本 (B&Tブックス. 今日からモノ知りシリーズ) (新エネルギー・産業技術総合開発機構編著)

奈良先端科学技術大学院大学附属図書館
 
home