DSpace Repository

キルヒホッフ-ヘルムホルツ積分方程式と逆システム理論に基づく音場制御の原理

Show simple item record

dc.contributor.author 伊勢 史郎 ja
dc.date.accessioned 2012-07-05T07:00:28Z
dc.date.available 2012-07-05T07:00:28Z
dc.date.issued 1997-09 ja
dc.identifier.issn 0369-4232 ja
dc.identifier.uri http://hdl.handle.net/10061/7733
dc.description.abstract キルヒホッフ-ヘルムホルツ積分方程式のホイヘンスの原理とは異なる数学的解釈を用いることにより, これまでとは異なる新しいアクティブ音場制御の原理を提案する。この原理はある境界面の音圧と音圧勾配を同時に調整することにより, その内部の領域を制御することができることを示すものである。この原理と逆システム理論を用いることにより, ある空間範囲の音場再現をシステムとして実現することができることを示す。また, 音場再現システムにおけるマイクロホンの配置と音場再現の精度の関係などについて数値計算により検討する。
dc.language.iso ja ja
dc.publisher 日本音響学会 ja
dc.rights Copyright (C) 1997 日本音響学会. ja
dc.subject 音場再現 ja
dc.subject ステレオフォトニクス ja
dc.subject キルヒホッフ-ヘルムホルツ積分方程式 ja
dc.subject 逆システム ja
dc.subject アクティブ制御 ja
dc.subject Sound field reproduction ja
dc.subject Stereophotonics ja
dc.subject Kirchhoff-Helmholtz integral equation ja
dc.subject Inverse system ja
dc.subject Active control ja
dc.title キルヒホッフ-ヘルムホルツ積分方程式と逆システム理論に基づく音場制御の原理 ja
dc.title.alternative A principle of active control of sound based on the Kirchhoff-Helmholtz integral equation and the inverse system theory
dc.type.nii Journal Article ja
dc.identifier.fulltexturl http://ci.nii.ac.jp/naid/110003136409
dc.textversion publisher
dc.identifier.ncid AN00186234 ja
dc.identifier.jtitle 日本音響学会誌 ja
dc.identifier.volume 53 ja
dc.identifier.issue 9 ja
dc.identifier.spage 706 ja
dc.identifier.epage 713 ja


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account