DSpace Repository

Browsing 講義・講演レジュメ / Learning Material by Title

Browsing 講義・講演レジュメ / Learning Material by Title

Sort by: Order: Results:

  • Thang, Duong Quang (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2016-06-15)
    ワイヤレス給電技術は携帯電話、ポータブルPC、電動歯ブラシ、植込み型医療機器、 センサ等ほぼ静止しているデバイスへの充電から、電気自動車や無人搬送車など 移動中受電機への充電まで幅広い適用が可能である。 現在のワイヤレス給電システムは主に電磁誘導原理に基づくものが主流であり、そのようなシステムは鉄心を空気で置き換えた変圧器のように見ることはできる。その原理は単純であるものの、ワイヤレス給電を実際に適用する際、特に走行中ワイヤレス給電を行う際、 ...
  • Zhann, Renyuan (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2017-05-15)
    The cognitive functions play very important roles in the IoT tasks such as audio processing and visual processing. In these cognitive tasks, the human brain is much superior to traditional very large scale integrated (VLSI) ...
  • 大矢, 博昭 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2007-12-21)
    ESR(電子スピン共鳴)測定とはマイクロ波照射しながら、磁場を掃引して、磁気を帯びた分子(ラジカル)や金属化合物を選択的に計測するユニークな計測法である。近年、当計測法を用いて9割の疾病の原因となる活性酸素の研究、さらに、活性酸素を消去する抗酸化物質・サプリメントの研究が盛んになっている。演者は活性酸素および抗酸化物質を統一的に解析する方法として、これらの化学種の量子化学的計算を行い、新規に定義したラジカル化エネルギーと反応速度、ラジカ ...
  • 藤原, 広光 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2007-06-08)
  • 首藤, 真義; 大場, 秀穂 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2011-03)
  • 竹迫, 良範 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2009-06-26)
    Polyglotとは複数の言語処理系で実行できる一つのプログラムのことです。例えば print"Hello ",0?"Ruby":"Perl","!\n" の1行プログラムは PerlとRubyでそれぞれ異なる出力結果を返します。これは各言語における真偽値の扱い方の違いを利用しています。 C/C++、Perl、Ruby、Python、PHP、JavaScript、Shell、BAT、x86など... 世の中にはたくさんのプログラミング言 ...
  • Ken-ichi Yoshida (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2010-10-08)
  • Keiko Sugimoto (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2009-11-17)
  • 相澤, 里香 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2007-10-19)
    そろそろ修士論文などの締め切りを控えて大変な時期に来ていると思われます。こうしたとき、ちょっとした心と体のケアをしておけば大きな山を越えることができます。この講義では、主に、睡眠の話、最近話題のうつの話、これからおいつめられるであろう修了間近のみなさんの心身の健康管理についてお話しをする予定です。
  • 前川, 敦子 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2010-11-26)
  • 轟眞市 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2011-10-31)
  • 中島, 康彦 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2007-11-17)
  • 櫻井, 和朗 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2013-12-02)
    ウイルスは細胞に取り込まれやすいという特徴からDDSへの応用が期待されている。しかし、ウイルス性キャリアに は安全性や生産性に問題がある。 そこで我々はウイルスを模倣した細胞に取り込まれやすい且つ毒性のない正四面体のミセル(DDSキャリア)の合成を目指している。今回はカリクサレン骨格を用いた正四面体ミセルの構造をSAXSおよびFFFから決定する手法について紹介する。
  • 門田, 暁人 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2006-12)
  • 梶原, 誠司 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2007-11-02)
    LSIの信頼性を保証する上で,製造テストは重要な役割を果たしてきた.LSIのテスト技術は,主に設計・製造の立場から技術開発が進んできたが,LSIの利用範囲が広がるにつれて,企画や流通・運用におけるディペンダビリティも求められるようになっている.本講演では,LSIテスト技術の現状とディペンダビリティ向上に向けた課題について,概説する.
  • 高橋, 朋一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2008-01-25)
    近年、空間分析を容易に行うことができる技術としてGIS(地理情報システム)がある。GISではデジタル化された地図情報と統計データを重ね合わせることが可能となり、高度な空間分析を行うことができる。また、GISで利用することができるデータについては近年急速に整備が行われている。それらの技術およびデータを利用することでマップ上にさまざまな要因の特性を表すことが可能となる。本講義ではGISの技術およびデジタル化されたデータの紹介を行う。また、事 ...
  • 櫛木, 好明 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2008-05-02)
  • 櫛木, 好明 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2009-04-21)
  • 山田, 武士 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2008-04-21)
    世の中に存在するデータの多くは、データ間の相互作用や関係に着目することによって、ネットワークもしくはグラフとして表現することができます。特にインターネットのように大規模なデータを効率的に解析するためには、個々のデータのミクロな解析よりも、データ間の関係性に着目したなマクロな解析が効果的です。本講義では、ネットワーク全体の構造的特徴の抽出や、未知の関係の予測、さらには可視化など、最近ネットワーク科学として注目されている基本的な解析手法を踏 ...
  • 松野, 浩嗣 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2007-10-29)

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account