ビデオ / Video: Recent submissions

  • 上野, 豊 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2018-06-19)
    スペクトラルクラスタリングの手法を用いて、電子顕微鏡で捉えたタンパク質の単粒子画像を分類し、構造解析する手法を紹介する。特にクラスタリングにおける教師無し学習について考えたい。ランダムな向きである同一の分子画像を類似度行列に基づいて分類し、粒子が同じ向きである画像を加算平均してノイズを除去した2次元像を取得する。そして、タンパク質の体積が3次元像再構成される。バイオインフォマティックスを推進する産総研との連携研究室である生体分子情報学研 ...
  • Zhang, Zonghua (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2018-06-20)
    While tremendous efforts have been paid to secure our systems and networks, it is still largely recognised that building an autonomic defense system is mission impossible in practice. For instance, the gaps between security ...
  • 田中, 宏季 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2018-07-25)
    認知コミュニケーション研究について概説するとともに、マルチモーダルな生体信号および機械学習を活用した、人間の精神状態推定・医療応用技術について紹介する。今回は特に、自閉スペクトラム症への認知行動療法に基づいた自動会話訓練手法、および認知症をエージェントとの会話から、早期に発見するための技術を紹介する。
  • Koganti, Nishanth (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2018-07-18)
    Learning from Demonstration (LfD) is a paradigm where humans demonstrate the procedure to perform complex tasks which can be used to train autonomous agents. However, the performance of LfD is highly sensitive to the quality ...
  • Chakrabarty , Krishnendu (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2018-12-04)
    ​The performance of today’s computing infrastructure is limited by the energy consumption involved in processing, storing, and moving data. In addition, the exponential increase in the volume of data that must be handled ...
  • 石河, 泰明 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2018-10-20)
    様々なモノがインターネットに繋がる社会が期待されていますが、その“モノ”が何かをするには電力がなければなりません。そこで、身の回りにあるエネルギーを有効利用する、エネルギーハーベストが注目されています。本講義では、熱・光の利用について紹介します。
  • 吾妻, 健夫 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2018-09-21)
  • 加藤, 博一; 藤川, 和利; 辻井, 高浩 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2018-07-03)
  • 吉本, 潤一郎 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2018-10-06)
    知性の中でも、過去の経験に基づき、将来を予測し、意思決定に役立てる能力を「学習」といいます。我々人間の脳は、意識することなく簡単に実現してしまっている学習ですが、どのような仕組みでそれが実現されているのでしょうか?人間の知性を機械で模倣しようとして生まれた「人工知能」が、この学習の仕組みを理解する上でも重要なヒントを与えてくれるという研究を紹介します。
  • 遠藤, 求 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2018-10-06)
    植物は体内時計を用いて季節変化を感知し、適切なタイミングで花を咲かせます。「目」や「脳」を持たない植物が、どこでどのように季節を感じているのかについてお話します。また、ここでわかってきた仕組みがどのように農業などに利用できるかについても紹介します。
  • 小野, 直亮 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2018-10-27)
    ここ数年でさまざまな分野で急速に応用が拡大している『深層学習』。その中でも特に写真などの画像の分析に力を発揮する畳み込みニューラルネットワークを中心に、医療現場のさまざまな画像解析に応用されている例や今後の展望について紹介したいと思います。
  • 尾関, 章 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2017-06-13)
    科学研究の意義は、それが世の中に役立つか、それとも人々の知的好奇心を満たすか、という視点が論じられがちだ。だが、もう一つある。もっと深いところで私たちの世界観にかかわっているということだ。20世紀の原子核・素粒子論、環境保護のエコロジーから、先端医療をめぐる生命倫理から、その事例を紡ぐ。
  • 浅井, 義之 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2017-11-13)
    システムバイオロジーのアプローチによる生体機能の数理モデルを用いた研究事例を紹介します。同時に、近年の生理機能の数理モデルは巨大化、詳細化しており、シミュレーション研究の遂行にはソフトウェアによるシステマティックなサポートが欠かせません。これに関する技術開発における我々の取り組みの概略を合わせて紹介します。
  • 中山, 康子 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2017-07-04)
    イノベーションとは、科学や技術そのものではなく価値である。世のため、人のためにこういう価値を創っていこうというおもいがイノベーションを創出する。企業の中でイノベーションがどのように生まれるのか、事例を用いて紹介する。また、将来に求められる人財について述べる。
  • 橋本, せつ子 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2017-06-27)
    株式会社セルシードは日本発の「細胞シート工学」を基盤にして再生医療の早期実現を目指している。大学で生まれたシーズの事業化の成功率を高めるためにはサイエンスとビジネスの両方を理解できる ”dual receptor” を持つ人材が必須である。研究者のキャリアパス、ベンチャーが必要とする人材について事例をもとに考察する。
  • 松浦, 成昭 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2017-07-14)
    科学技術の進歩はめざましく、医療の向上をもたらした。その結果、人々は健康で過ごす時間が長くなり、平均寿命の延伸につながったが、一方では高齢化を初めとする新たな課題を招来した。科学技術の進歩が医療にどのように貢献してきたか、またそのためにどのような問題が生じて来たか考えてみたい。
  • 新藏, 礼子 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2017-10-14)
    最近おなかの中に住んでいる腸内細菌と健康の話題をよく耳にされることと思います。私たちは健康を害する腸内細菌を見極めることのできる IgA 抗体を見つけました。研究のお話だけでなく、おなかの中の状態が健康にどれだけ重要かをお話しします。
  • Woo, Woontack (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2017-06-26)
    Prof. Woo is a professor at the KAIST Graduate School of Culture Technology and the head of the KAIST AR Research Center. He served as vice President (2007-2012) and President (2013-2015) of Korea HCI Society. He has also ...
  • YUE, Kun (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2018-01-09)
    With the rapid development of data acquisition, IT infrastructures,social networks and Web2.0 applications, more and more massive, heterogeneous, uncertain,dynamically changing and socialized data are generated and stored ...
  • CHANTHANAKONE, Peter (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2018-02-05)
    The creative process in animation has no limitations. The art making process is entirely open for the artist to create freely. So where does the inspiration of ideas come from? The presentation will discuss the animation ...

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account