ビデオ / Video

 

本学で開催された公開講座および特別講演のビデオ(WMV)を公開しています。

最新登録資料

  • Mohamed-Hussein, Zeti-Azura (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2016-10-24)
    Biological networks are complex and consist of hundreds and thousands of reactions that directly and indirectly affect each other. In order to understand the relationship between these reactions in detail, it is necessary ...
  • Guo, Mingyu (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2017-01-25)
    Algorithmic game theory is the study of interdisciplinary topics that lie in the intersection of computer science and microeconomics. In this talk, we introduce one subfield of algorithmic game theory, which is called ...
  • 市川, 昊平 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2016-10-29)
    今日のクラウドの爆発的な普及の背景には、ソフトウェア技術の発達によるコンピューティングシステムの制御・管理方法の加速的な進化があります。本講演では、クラウドの発展に寄与したソフトウェア技術について解説し、さらに現在進行形で進化しているソフトウェアによるネットワーク制御技術であるSDNについて紹介します。 
  • Sow, Djiby (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2016-10-17)
    In this talk, a new IND-CCA2 NTRU-like Cryptosystem is presented. First, we introduce a new hard problem, namely the Decisional Ring Bounded Distance Decoding problem (DR-BDD), and after we propose an NTRU-like encryption ...
  • 中村, 哲 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2016-10-08)
    増加する訪日外国人とのコミュニケーションツールとして、話した言葉をその場で翻訳する音声翻訳に対する期待が高まっています。本講演では、1986年に世界に先駆けて、けいはんな学研都市の国際電気通信基礎技術研究所(ATR)でスタートした音声翻訳についての現状、課題、今後についてお話しします。
  • Shi, Boxin (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2016-10-31)
    An ordinary camera captures the real 3D scene as a projected 2D image with three channels. During this projection process, some scene information gets lost such as depth and surface normal, and some information gets ...
  • 向川, 康博 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2016-10-15)
    デジタルカメラは日々進化を続けていますが、撮影の原理はフィルムカメラと大きくは変わっていません。しかし、写真撮影の過程に情報科学の様々な手法を加えることで、光学的な限界を超えた写真を撮影することもできます。本講演では、光線計測と計算に基づく写真撮影の概念と実例を紹介します。
  • Raymo, Francisco M. (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2016-06-07)
    In this seminar, we will be delighted with his talk on Photoactivable Fluorophores which is applicable for various aspects of bio-imaging with super-resolution detection and sensitivlty on local biological activity.
  • 尾関, 章 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2016-06-28)
    選択権重視、弱者支援のリベラリズムと環境保護のエコロジーは、日本社会では同方向を向いているように思われがちだが、そこには対立軸も潜んでいる。生命・環境系のニュースを通じて、科学技術の背後にある思想を整理考察する。
  • 橋本, せつ子 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2016-07-01)
    株式会社セルシードは日本発の「細胞シート工学」を基盤にして再生医療の早期実現を目指している。大学で生まれたシーズの事業化の成功率を高めるためにはサイエンスとビジネスの両方を理解できる dual receptor を持つ人材が必須である。研究者のキャリアパス、ベンチャーの人材育成について考えてみたい。
  • 小舘, 香椎子 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2016-06-10)
    日本の女性研究者の割合(14.6%、2015年) が国際的にも低いのは何故か。理工系分野で男女共同参画が推進されてきた経緯や、女性研究者・リーダー育成 について、事例を用いて紹介し、求められる科学技術人材について考える。
  • 小笠原, 直毅 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2016-10-29)
    奈良先端大は今年で創立25周年を迎えます。本講演では、これまでの本学の歩みと実績を振り返るとともに、今後、本学が世界と未来の問題解決に貢献する研究大学院大学として、日本のトップであり続けるための挑戦についてお話しします。
  • 上野, 豊 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2016-06-29)
    スペクトラルクラスタリングの手法を用いて、電子顕微鏡で捉えたタンパク質の単粒子画像を分類し、構造解析する手法を紹介する。ランダムな向きである同一の分子画像を類似度行列に基づいて分類し、粒子が同じ向きである画像を加算平均してノイズを除去した2次元像を取得する。そして、タンパク質の体積が3次元像再構成される。バイオインフォマティックスを推進する産総研との連携講座である生体分子情報学講座のトピックスも紹介する。
  • Fall, Doudou (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2016-04-18)
    Cloud computing provides many advantages for both the cloud service provider and the clients. It is also infamous for being highly dynamic and for having numerous security issues. The dynamicity of cloud computing implies ...
  • 菊池, 純一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2015-10-24)
    情報・バイオ・物質の3つの科学分野の融合領域で、「分子通信」という未来技術への期待が膨らんでいます。これは、生物が進化の過程で獲得した情報伝達の原理に学んで、近未来の情報通信技術を開拓しようとする挑戦的な研究です。ここでは、分子通信パラダイム創出に向けた物質科学からのアプローチについて紹介します。
  • 徳田, 崇 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2015-10-17)
    私たちの生活のあらゆる電気・電子機器の中で半導体デバイスが役立てられています。小さく・高度な機能を備えた半導体チップを利用すれば、バイオ分野の研究や、医療技術に新しい展開をもたらすことが期待できます。本講義では、生物の体に直接触れたり、埋め込んだりして利用できる半導体センシング技術について、最先端の研究を紹介します。
  • 細川, 陽一朗 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2015-10-24)
    光を思いのままに操れるレーザー技術は、生物の機能を知るための「目」として、さらには生物を操る「手」としても利用されています。本講義では、レーザーの「目」と「手」で理解されてきた、植物が太陽光を効率的に利用するために営んでいる省エネ機能について紹介し、植物工場の未来の展開などについて考えます。
  • 中原, 啓貴 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2015-12-14)
    電波望遠鏡とは天体が放射する電波を受信し, 観測するための装置である. 電波望遠鏡内部では受信した時間信号を分光器(Spectrometer) を用いて周波数領域の信号に変換し, 観測を行う. 通常, 分光器ではFPGAを用いたデジタル分光器が用いられており, 高速フーリエ変換(Fast Fourier Transform: FFT) が行われている. 電波望遠鏡用分光器は広帯域・高分解能が求められるためFPGA内に大量のFFT回路を並 ...
  • 大下, 福仁 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2015-06-01)
    モバイルエージェントとは、計算機ネットワーク上を自律的に移動可能なソフトウェアである。モバイルエージェントを用いた分散システムでは、モバイルエージェント自身が情報の収集・解析を行いながら動作するため、計算機間でその他の情報交換を行なう必要がなく、分散システムの設計を簡単化することができる。また、モバイルエージェントは、負荷の高い計算機や故障した計算機を避けるなどの柔軟な対応が可能であり、分散システムの信頼性の向上にも有用である。本講演で ...
  • 藤本, まなと (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2015-04-27)
    パッシブ型RFIDタグによるRFIDシステムを用いた重要な技術の1つとして,RFIDタグの位置推定がある.RFIDタグ位置推定とは,検知対象物に取り付けたRFIDタグの位置を推定する技術のことである.この技術が確立されると様々なアプリケーション,例えば,自律移動ロボットによる屋内ナビゲーションシステム等に応用可能と考えられている.そこで,本講演では,RFIDタグの位置を高精度に推定する位置推定法を紹介する.

View more