DSpace Repository

Browsing テクニカルレポート / Technical Report by Title

Browsing テクニカルレポート / Technical Report by Title

Sort by: Order: Results:

  • 石原, 靖哲; 伊藤, 実; 清水, 將吾; 関, 浩之 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 1997-06)
    オブジェクト指向プログラミング言語の本質的な特徴の一つとして,メソッド呼出し機構が挙げられる.この機構は,データのカプセル化やコードの再利用のために重要なものであるが,実行時に型エラーが起こる危険性がある.特に,オブジェクト指向データベース(OODB)の問合わせプログラムの場合は,実行時に型エラーが起こると,ロールバックを行う必要がある.したがって,与えられたOODBスキーマが型整合性を持つこと,すなわち,どんなデータベースインスタンス ...
  • 松村, 知子; 大平, 雅雄; 森崎, 修司; 松本,健一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2009-10)
  • 森崎, 修司; 門田, 暁人; 松本, 健一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2011-02)
  • 森崎, 修司; 門田, 暁人; 松本, 健一; 井上, 克郎; 鳥居, 宏次 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2001-03)
  • 松村, 知子; 松本, 健一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2008-02)
  • 齊藤, 康廣; 門田, 暁人; 松本, 健一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2013-01)
  • 松村, 知子; 吉田, 誠; 井手, 直子; 森崎, 修司; 戸田, 航史; 松本, 健一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2011-05)
  • 松村, 知子; 門田, 暁人 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2008-02)
  • 玉田, 春昭; 松村, 知子; 森崎, 修司; 松本, 健一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2007-02)
  • 松村, 知子; 森崎, 修司; 玉田, 春昭; 大杉, 直樹; 門田, 暁人; 松本, 健一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2007-03)
  • 笠原, 正治 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 1999-01)
    近年LANトラフィックには長期にわたって相関が続く傾向が観測され、従来数学モデルとして利用されてきたマルコフ過程に従う到着過程と実トラフィックの乖離が極端に指摘されるようになった。本稿では長期依存性(Long Range Dependent: LRD)および自己相似性(Self-Similar: SS)を有する到着過程について、それらの定義・性質を概観し、あわせて最近の研究動向を報告する。またfractional Brownian ...
  • 神野, 元彰; 井上, 美智子; 藤原, 秀雄 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2002-02)
    これまで,組合せテスト生成複雑度でテスト生成可能な順序回路のクラスとして,平衡構造や内部平衡構造が提案されている.このうち,平衡構造に関する定義ではレジスタとしてホールドレジスタを考慮していたが,内部平衡構造に関してはホールドレジスタを考慮していなかった.本稿では,組合せテスト生成複雑度でテスト生成可能なホールドレジスタを含む内部平衡構造順序回路を提案する.ホールドレジスタを含む内部平衡構造順序回路は,組合せテスト生成複雑度でテスト生成 ...
  • 鈴木, 新; 杉本, 謙二 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2007-04)
  • 松村, 知子; 松本, 健一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2009-11)
  • 永井, 慎太郎; 大竹, 哲史; 藤原, 秀雄 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2002-04)
    本論文では,コントローラの機能を考慮したデータパスの階層テスト容易化設計法を提案する.データパスの階層テスト生成法では,各回路要素に対してテスト生成およびテストプラン生成を行う.テストプランとは,外部入力から回路要素の入力へテストベクトルを正当化し,その応答を外部出力へ伝搬するための制御ベクトルの時系列をいう.提案手法では,拡張データフローグラフを用いてコントローラから制御ベクトル系列を抽出し,これを用いてテストプランを構成する.これに ...
  • 植村, 俊亮 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 1996-06)
  • 岩垣, 剛; 大竹, 哲史; 藤原, 秀雄 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2002-01)
    本稿では,パス遅延故障に対してテスト生成が容易な順序回路の構造として,不連続再収斂構造を提案し,不連続再収斂順序回路のパス遅延故障に対するテスト生成法を示す.また,不連続再収斂順序回路におけるパス遅延故障に対するテスト生成問題が,その時間展開モデルにおけるセグメント遅延故障に対するテスト生成問題に帰着できることを示す.さらに本稿では,不連続再収斂構造に基づく部分拡張スキャン設計法も提案する.
  • 守屋, 宣; 井上, 美智子; 増澤, 利光; 藤原, 秀雄 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 1999-03)
    共有メモリマルチプロセッサシステム、特に、システム内のすべてのプロセッサが大域パルスを共有するフェーズ内システムにおける故障耐性を持つ時計合わせプロトコルを考察する。フェーズ内システムでは、正常なプロセッサはパルス発生時に同期して動作を行う。フェーズ内システムにおいてパルス発生時にプロセッサが動作しないような故障を居眠り故障とよぶ。居眠り故障のおこるフェーズ内システムにおいて同期時間とよばれるある特定パルス以上正常に動作し続けているすべ ...
  • 吉川, 祐樹; 大竹, 哲史; 井上, 美智子; 藤原, 秀雄 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2005-01)
    本稿では,階層テスト生成に基づくデータパスの非スキャンテスト容易化設計法を提案する.提案手法では,データパスの全てのテスト対象パスが単一端子変化2パタン可検査性を満たすように設計変更を行う.これによりロバストテスト,ノンロバストテスト可能なパス遅延故障のテストを保証する.単一端子変化の2パタンは,組合せ部分回路に対して,1端子のみ2パタン目の値が変化するテストパタンである.単一端子変化の2パタンは,任意の2パタンに比べて,レジスタ転送レ ...
  • 永井, 慎太郎; 和田, 弘樹; 大竹, 哲史; 藤原, 秀雄 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2002-02)
    本論文では,階層テスト生成が容易なデータパスの性質として固定制御可検査性を新しく定義し,それに基づくレジスタ転送レベル回路のテスト容易化設計法を提案する.提案手法では,組合せテスト生成法を用いた階層テスト生成および非スキャン設計に基づいているため,テスト生成時間およびテスト実行時間を完全スキャン設計法に比べて大幅に短縮でき,実動作速度でのテスト(at-speed test )が可能で,完全故障検出効率を保証することができる.さらに,ベン ...

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account