DSpace Repository

Browsing テクニカルレポート / Technical Report by Title

Browsing テクニカルレポート / Technical Report by Title

Sort by: Order: Results:

  • Ueoka, Takahiro; Kawamura, Tatsuyuki; Kono, Yasuyuki; Kidode, Masatsugu (Nara Institute of Science and Technology奈良先端科学技術大学院大学, 2005-03)
    The aim of this paper is to investigate an effective view angle of “a first-person video” when a user tries “an object-finding task”, a task to find a target object in his/her everyday environment. The first-person video ...
  • Kha, Dao Dinh; Yoshikawa, Masatoshi; Uemura, Shunsuke (Nara Institute of Science and Technology奈良先端科学技術大学院大学, 2003-11)
    Establishing the hierarchical order among the XML elements is an essential function of the XML query processing techniques and there are a number of proposals for the task. Although most of XML documents have associated ...
  • 黒崎, 章; 玉田, 春昭; 森崎, 修司; 角田, 雅照; 松本, 健一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2007-11)
    WBS(Work Breakdown Structure)で管理され、進捗管理が行われているプロジェクトに対して、各タスクの進捗度合いを可視化する方法を提案する。各人の作業は、WSBによりタスクという形にまで分類され、進捗管理のため、タスクごとに工数、終了日が見積もられる。また、EVM(Earn Value Management) に従い、プロジェクトの進行に伴って、タスクごとに実際に要した工数、開始日、終了日の実績が記録され、進捗が管 ...
  • Kha, Dao Dinh; Yoshikawa, Masatoshi; Uemura, Shunsuke (Nara Institute of Science and Technology奈良先端科学技術大学院大学, 2000-12)
    For most for index structures for XML data proposed so far, update is a problem because XML element's coordinates are expressed by absolute values. Due to the structural relationship among elements in XML documents, we ...
  • 高田, 喜朗; 中村, 岳志; 関, 浩之 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2004-10)
    身体能力や利用環境等の差異に関わらずより多くの人がWorldWideWeb(ウェブ)上の情報を利用できるようにすること(ウェブ・アクセシビリティ)の重要性が広く認識されつつあり,アクセシブルなウェブコンテンツを作成するための要件を述べたガイドライン,及び,作成したウェブコンテンツがガイドラインを満たすか否かを検証するツールが提供されている.本研究では,既存の検証ツールに比べて以下のような特長を持つ新しい検証ツールの実現を目的として,ガイ ...
  • 石原, 靖哲; 伊藤, 実; 清水, 將吾; 関, 浩之 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 1997-06)
    オブジェクト指向プログラミング言語の本質的な特徴の一つとして,メソッド呼出し機構が挙げられる.この機構は,データのカプセル化やコードの再利用のために重要なものであるが,実行時に型エラーが起こる危険性がある.特に,オブジェクト指向データベース(OODB)の問合わせプログラムの場合は,実行時に型エラーが起こると,ロールバックを行う必要がある.したがって,与えられたOODBスキーマが型整合性を持つこと,すなわち,どんなデータベースインスタンス ...
  • 松村, 知子; 大平, 雅雄; 森崎, 修司; 松本,健一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2009-10)
  • 森崎, 修司; 門田, 暁人; 松本, 健一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2011-02)
  • 森崎, 修司; 門田, 暁人; 松本, 健一; 井上, 克郎; 鳥居, 宏次 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2001-03)
  • 松村, 知子; 松本, 健一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2008-02)
  • 齊藤, 康廣; 門田, 暁人; 松本, 健一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2013-01)
  • 松村, 知子; 吉田, 誠; 井手, 直子; 森崎, 修司; 戸田, 航史; 松本, 健一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2011-05)
  • 松村, 知子; 門田, 暁人 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2008-02)
  • 玉田, 春昭; 松村, 知子; 森崎, 修司; 松本, 健一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2007-02)
  • 松村, 知子; 森崎, 修司; 玉田, 春昭; 大杉, 直樹; 門田, 暁人; 松本, 健一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2007-03)
  • 笠原, 正治 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 1999-01)
    近年LANトラフィックには長期にわたって相関が続く傾向が観測され、従来数学モデルとして利用されてきたマルコフ過程に従う到着過程と実トラフィックの乖離が極端に指摘されるようになった。本稿では長期依存性(Long Range Dependent: LRD)および自己相似性(Self-Similar: SS)を有する到着過程について、それらの定義・性質を概観し、あわせて最近の研究動向を報告する。またfractional Brownian ...
  • 神野, 元彰; 井上, 美智子; 藤原, 秀雄 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2002-02)
    これまで,組合せテスト生成複雑度でテスト生成可能な順序回路のクラスとして,平衡構造や内部平衡構造が提案されている.このうち,平衡構造に関する定義ではレジスタとしてホールドレジスタを考慮していたが,内部平衡構造に関してはホールドレジスタを考慮していなかった.本稿では,組合せテスト生成複雑度でテスト生成可能なホールドレジスタを含む内部平衡構造順序回路を提案する.ホールドレジスタを含む内部平衡構造順序回路は,組合せテスト生成複雑度でテスト生成 ...
  • 鈴木, 新; 杉本, 謙二 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2007-04)
  • 松村, 知子; 松本, 健一 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2009-11)
  • 永井, 慎太郎; 大竹, 哲史; 藤原, 秀雄 (奈良先端科学技術大学院大学Nara Institute of Science and Technology, 2002-04)
    本論文では,コントローラの機能を考慮したデータパスの階層テスト容易化設計法を提案する.データパスの階層テスト生成法では,各回路要素に対してテスト生成およびテストプラン生成を行う.テストプランとは,外部入力から回路要素の入力へテストベクトルを正当化し,その応答を外部出力へ伝搬するための制御ベクトルの時系列をいう.提案手法では,拡張データフローグラフを用いてコントローラから制御ベクトル系列を抽出し,これを用いてテストプランを構成する.これに ...

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account