DSpace Repository

自己適応島遺伝的アルゴリズムにおける非反復化と非同期化

Show simple item record

dc.contributor.author 高島, 栄一
dc.contributor.author 村田, 佳洋
dc.contributor.author 柴田, 直樹
dc.contributor.author 伊藤, 実
dc.date.accessioned 2016-11-24T06:00:07Z
dc.date.available 2016-11-24T06:00:07Z
dc.date.issued 2005-09-01
dc.identifier.issn 0915-1923
dc.identifier.uri http://hdl.handle.net/10061/11165
dc.description.abstract 遺伝的アルゴリズム(GA)の解の探索効率は,交叉率,突然変異率などのパラメータ値に依存する.人手によるパラメータ調整の労力を軽減するために,パラメータを自動的に調整する適応GAが提案されている.しかし,多数のパラメータを同時に調整する適応GAのほとんどは,反復して問題を解くために大きな計算量を必要とする.本論文では,従来の多数のパラメータを同時に調整する適応GAより少ない計算量で多数のパラメータを同時に適応させる自己適応島GA(SAIGA)と非同期SAIGAを提案する.これらの手法は島GAの一種であり,各島に異なるパラメータを与え,各島で解を探索しつつ解の探索効率を観測する.そして,複数の島から並行して得られる観測結果により新しいパラメータを生成し探索を続ける.その結果,反復することなしに,パラメータを適応させることができる.更に非同期SAIGAは,島間で同期をとる必要性をなくすことにより,その結果,SAIGAに比べ,時間単位の解の探索効率が向上するように変更したアルゴリズムである.実験により,これらの手法の有効性を確認した.
dc.language.iso ja
dc.publisher 一般社団法人電子情報通信学会
dc.rights Copyright c 2005 IEICE
dc.subject 遺伝的アルゴリズム
dc.subject 並列分散処理
dc.subject 自己適応遺伝的アルゴリズム
dc.title 自己適応島遺伝的アルゴリズムにおける非反復化と非同期化
dc.title.alternative Techniques to Improve Exploration Efficiency of Parallel Self Adaptive Genetic Algorithms by Dispensing Iteration and Synchronization
dc.type.nii Journal Article
dc.contributor.alternative Takashima, Eiichi
dc.contributor.alternative Murata, Yoshihiro
dc.contributor.alternative Shibata, Naoki
dc.contributor.alternative Ito, Minoru
dc.identifier.fulltexturl http://search.ieice.org/bin/summary.php?id=j88-d2_9_1934
dc.textversion Publisher
dc.identifier.ncid AA11340957
dc.identifier.jtitle 電子情報通信学会論文誌 D
dc.identifier.volume Vol.J88-D2
dc.identifier.issue 9
dc.identifier.spage 1934
dc.identifier.epage 1943
dc.identifier.NAIST-ID 73292302
dc.identifier.NAIST-ID 22740047


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Advanced Search

Browse

My Account