DSpace/Manakin Repository

著者 "Ito, Minoru" のブラウズ:

著者 "Ito, Minoru" のブラウズ:

ソート項目: ソート順: 表示件数:

  • 長行, 康男; 伊藤, 実 (一般社団法人電子情報通信学会, 2003-11-01)
    本論文では,2体エージェント確率ゲームにおける新たな強化学習法を提案する.提案する手法では,他エージェントが実際に実行した行動の観測情報をもとに他エージェントの政策(行動決定関数)を推定し,その推定した政策を利用して他エージェントが未来に実行する行動を予測する.そして,その予測行動を利用しながら強化学習を進行する.提案した手法を2体エージェント確率ゲームの枠組みでモデル化した追跡問題に適用し,実験を行い,提案手法の有効性を示す.
  • 清川, 皓太; 山本, 眞也; 柴田, 直樹; 安本, 慶一; 伊藤, 実 (一般社団法人情報処理学会, 2011-02-15)
    本論文では,ネットワーク接続された多数の情報家電を一元的かつ直観的な操作により遠隔地からの制御を可能にする情報家電リモコンのフレームワークUbiREMOTEを提案する.UbiREMOTEは,ホームネットワークが敷設された空間の間取りとそこに設置された多数の情報家電を模した3D仮想空間を構築し,対象となる空間と情報家電の動作状況を3Dグラフィックスでリモコン端末に表示する機能,および,一般的な赤外線リモコンを用いて操作する手順に似せたイン ...
  • Sun, Weihua; Shibata, Naoki; Kenmotsu, Masahiro; Yasumoto, Keiichi; Ito, Minoru (一般社団法人情報処理学会, 2015-07-15)
    In this paper, we focus on multilevel parking facilities and propose a navigation system that minimizes the time required for cars to find vacant parking spaces. Parking zones at large parking facilities provide drivers ...
  • Shiraishi, Takayuki; Nagata, Munenobu; Shibata, Naoki; Murata, Yoshihiro; Yasumoto, Keiichi; Ito, Minoru (一般社団法人情報処理学会, 2005-11-15)
    In order to allow tourists to travel to multiple destinations efficiently we need a personal navigation system which computes and shows the best route to the next destination and facilitates composition of a schedule for ...
  • Murata, Yoshihiro; Ishihara, Yasunori; Ito, Minoru (一般社団法人電子情報通信学会, 2002-04-01)
    The Task-Coalition Assignment Problem (TCAP) is a formalization of the distributed computation problem. In TCAP, a set of agents and a set of tasks are given. A subset of the agents processes a task to produce benefit. The ...
  • Ishihara, Yasunori; Morita, Toshiyuki; Seki, Hiroyuki; Ito, Minoru (Elsevier, 2007-01-24)
    A query is said to be secure against inference attacks by a user if there exists no database instance for which the user can infer the result of the query, using only authorized queries to the user. In this paper, first, ...
  • 孫, 為華; 柴田, 直樹; 木谷, 友哉; 松尾, 真也; 伊藤, 実 (一般社団法人情報処理学会, 2014-08-15)
    災害地の建物で救助活動を行う際,アドホックネットワークは有効な通信手段であると見込まれている.本稿では,無線ネットワークノードを風船に取り付けて建物周囲の空間に設置し,建物内部をカバーする無線ネットワークの構築手法を提案する.その際,設置コストを下げ,かつ,短時間でネットワークを構築するためには,用いるノード数をできるだけ少なくすることは重要である.しかし,対象問題はNP困難な三次元配置問題であり,最適解を求めることは実際上困難である. ...
  • Jovilyn Therese B. Gajardo; Yasumoto, Keiichi; Shibata, Naoki; Sun, Weihua; Ito, Minoru (一般社団法人情報処理学会, 2014-04-15)
    When a large-scale disaster strikes, the communications infrastructure is usually unavailable. However, accurate and timely information of the disaster area is important because first responders rely on this information ...
  • 橘, 達弘; 村田, 佳洋; 柴田, 直樹; 安本, 慶一; 伊藤, 実 (一般社団法人電子情報通信学会, 2006-06-01)
    遺伝的アルゴリズム(GA)は様々なアプリケーションに用いることができる.GAを用いたアプリケーションは,ハードウェア上に実装することで,安価で資源の少ない情報機器上で利用することができる.本論文では,適用する問題や利用可能な回路規模に従って,実行効率の良いGA回路を合成するためのアーキテクチャを提案し,またこのアーキテクチャに従って実装される回路の規模予測モデルを提案する.本アーキテクチャ及び回路規模予測モデルを用いて,指定するFPGA ...
  • 徐, 家興; 川井, 明; 柴田, 直樹; 伊藤, 実 (一般社団法人情報処理学会, 2016-01-15)
    交通渋滞を引き起こす原因の1つは非合理的な交通信号サイクルであり,一定速度で走行する車両に連続する交差点をつねに青信号で通過させる方式であるGreenWaveが提案されている.しかし,GreenWaveには対向車線と横断道路への影響,出入り口での渋滞などの問題がある.これらの問題点を解決するために,本論文では信号制御方式GreenSwirl,および経路案内方式GreenDriveを提案する.GreenSwirlは複数のGreenWave ...
  • Ahmed, Asaad; Yasumoto, Keiich; Ito, Minoru; Shibata, Naoki; Kitani, Tomoya (一般社団法人電子情報通信学会, 2011-01-01)
    Mobile Ad Hoc Networks (MANETs) offer quick and easy network deployment in situations where it is not possible otherwise and they can be used to provide mobile users with a temporary infrastructure to use services in the ...
  • 布川, 雄大; 孫, 為華; 安本, 慶一; 伊藤, 実 (一般社団法人情報処理学会, 2011-02-15)
    本論文では,モバイルユーザが所持する無線通信可能なワンセグ携帯端末を対象に,ワンセグの受信品質が良い端末から悪い端末(難視聴端末)に対してマルチホップでビデオをストリーミング配信することで視聴品質を向上させる手法を提案する.まず,無線通信帯域や最大転送ホップ数などの制約を満たし,難視聴端末の救済数を最大化するビデオ中継パスの集合を求める問題を形式的に定義する.本問題はNP困難問題であり短時間に最適解を求めることは難しいため,各端末が近隣 ...
  • 高島, 栄一; 村田, 佳洋; 柴田, 直樹; 安本, 慶一; 伊藤, 実 (一般社団法人情報処理学会, 2007-02-15)
    モバイルアドホックネットワーク(MANET)上でビデオなどのマルチメディアデータをストリーミング配信するため,遅延や帯域幅などの複数のQoS に関する制約を満たすマルチキャスト木を動的に構築する手法が研究されている.MANET 上のマルチキャスト木構築は,QoS の制約だけでなく,経路の安定性,省電力など,様々な目的に対する最適性を同時に考慮できることが望ましい.最適なマルチキャスト木を求める問題はNP 困難であるため,近似解法として遺 ...
  • 丸山, 敦史; 柴田, 直樹; 村田, 佳洋; 安本, 慶一; 伊藤, 実 (一般社団法人情報処理学会, 2004-12-15)
    本論文では,観光のためのパーソナルナビゲーションシステム“P-Tour” を提案する.P-Tour は,ユーザが出発地と出発時刻,帰着地と帰着時刻,複数の観光候補地と各地への立ち寄り希望度と時間制約(到着時間帯や滞在時間など)を設定すると,制限時間内で巡回可能かつ最も満足度が高くなるような巡回経路(いくつかの観光地を含む)と各観光地への到着・出発予定時刻を含むスケジュールを算出しユーザに提示する機能を提供する.P-Tour ...
  • 玉井, 森彦; 柴田, 直樹; 安本, 慶一; 伊藤, 実 (一般社団法人情報処理学会, 2006-02-15)
    本論文では,PC グリッド環境で市場原理に基づいた資源共有を行うことを目的として,資源の買い手と売り手の注文の登録,適合を処理するマーケットブローカの分散実行方式を提案する.提案方式では,(i) 買い手が必要とする量の資源を複数の売り手から一度に確保することができ,(ii) 各資源の取引価格は市場原理に基づいて自動的に決定される.また,(iii) 複数サーバノードへの負荷の分散により,ユーザ数の増加に対するスケーラビリティが確保できる. ...
  • Ahmed, Asaad; Yasumoto, Keiichi; Yamauchi, Yukiko; Ito, Minoru (一般社団法人情報処理学会, 2011-12-15)
    Aiming to achieve sensing coverage for given Areas of Interest (AoI) over time at low cost in a People-Centric Sensing manner, we propose a concept of (α, T)-coverage of a target field where each point in the field is ...
  • Ishihara, Yasunori; Ishii, Shin; Seki, Hiroyuki; Ito, Minoru (Society for Industrial and Applied Mathematics, 2006-06-27)
    This paper discusses temporal reasoning with respect to constraints on two concurrent sequences of events. If two given sequences of events can be mapped into one sequence that satisfies a given constraint, then the ...
  • 川井, 明; 柴田, 直樹; 稲葉, 健吾; 伊藤, 実 (一般社団法人情報処理学会, 2015-09-15)
    車車間通信を利用したデータ配信についての研究がさかんに行われている.しかし,パケット衝突によるスループットの低下および対向車との通信が困難という技術的課題が残されている.本論文では,VANET(Vehicular Ad-hoc NETwork)における複数無線チャネルを用いたデータ配信手法を提案する.提案手法では,道路を無線電波の到達距離ごとの領域(以後,セルと呼ぶ)に分け,互いに干渉しない複数のチャネルを各セルに順番に割り当てる.各車 ...
  • 高松, 悠; 孫, 為華; 安本, 慶一; 山内, 由紀子; 伊藤, 実 (一般社団法人情報処理学会, 2012-02-15)
    本論文では,携帯電話網の通信帯域節約を目的に,ユーザ端末間で同じコンテンツの一部(断片)をBluetoothやWi-Fiなどの近距離無線通信で送受信する協調ダウンロード手法を提案する.提案手法では,欲しい断片を持っている他の端末が近距離無線の通信範囲に入る時刻(遭遇時刻)を予測し,効率良く断片の取得を行う.さらに,端末の近距離無線通信による消費電力を抑えるため,遭遇時刻に基づいて決定する通信スケジュールに基づき,必要な時間だけ近距離無線 ...
  • 村田, 佳洋; 柴田, 直樹; 伊藤, 実 (一般社団法人情報処理学会, 2003-05-15)
    遺伝アルゴリズム(Genetic Algorithm ,以下GA )の探索効率は,突然変異率や交叉率といったパラメータによって大きく左右される.しかし,多くのパラメータの調整を人手で行うのは困難である.そこで,パラメータを自動的に調整する様々な適応GA が提案されている.従来の適応GA のほとんどは少数のパラメータしか適応させられず,また,多数のパラメータを適応させる適応GA であっても,そのほとんどが大きな計算量を必要としていた.本論 ...

サイト検索

ブラウズ

登録利用者