DSpace/Manakin Repository

著者 "Torii, Koji" のブラウズ:

著者 "Torii, Koji" のブラウズ:

ソート項目: ソート順: 表示件数:

  • Monden, Akito; Matsumura, Tomoko; Barker, Mike; Torii, Koji; Basili, Victor R. (電子情報通信学会, 2012-09-01)
    This paper customizes Goal/Question/Metric (GQM) project monitoring models for various projects and organizations to take advantage of the data from the software tool EPM and to allow the tailoring of the interpretation ...
  • 門田, 暁人; 松本, 健一; 飯田, 元; 井上, 克郎; 鳥居, 宏次 (情報処理学会, 2000-11-15)
    本論文では,盗用の疑いのあるJavaプログラムの発見を容易にすることを目的として,プログラム著作者の署名等を電子透かしとしてJavaクラスファイルに挿入する方法,および,取り出す方法を提案する.提案方法は,透かしを挿入してもプログラムの実行効率が変わらず,ツールによる透かしの取り出しの自動化が可能であり,ツールを公開した場合にも透かしの上書き攻撃を回避できるという特徴を持つ.透かしの耐性を実験により評価した結果,obfuscatorと呼 ...
  • 門田, 暁人; 高田, 義広; 鳥居, 宏次 (電子情報通信学会, 1997-07-25)
    ソフトウェアの保守,再利用などのためには,解析や理解の容易なプログラムを作成しておくことが重要である.ところが,完成したプログラムを多数のユーザに配布する場合には,システムの安全性の確保や知的財産権の保護などのために,内部の解析が困難なプログラムの作成が要求される場合がある.そのような場合には,解析が容易なように作成したプログラムを,解析が困難になるように変換する方式が有用であると考えられる.このようなプログラムの等価変換を,プログラム ...
  • 大和, 正武; 門田, 暁人; 松本, 健一; 井上, 克郎; 鳥居, 宏次 (情報処理学会, 2001-06-15)
    本稿では,一般的なGUI上でのターゲットのポインティング操作(ターゲットへマウスカーソルを移動し指し示す操作)に視線を利用することを目的として,ユーザの目の固視微動と視線の計測誤差の発生を考慮した3つのターゲット選択方式(Auto方式,Manual方式,SemiAuto方式)を比較検討する.(1) Auto方式では,ターゲットのサイズを仮想的に拡大する.(2) Manual方式では,ユーザが視線によるおおまかなポインティングを行った後で ...
  • 森崎, 修司; 門田, 暁人; 松本, 健一; 井上, 克郎; 鳥居, 宏次 (情報処理学会, 2000-10-15)
    ソフトウェア,特にアプリケーションソフトウェアの多くは,今日,非常に多機能となっているが,機能の利用知識の獲得コストが大きいため,実際に利用されている機能はそのごく一部にとどまっている.本稿では,ソフトウェアが提供する機能の利用知識の獲得コストを小さくすることを目的として,ユーザ間で機能実行履歴を共有する方式を提案する.提案方式では,ネットワークで結ばれた計算機を使用する複数のユーザから機能実行履歴を自動的に収集し,ユーザごと,ソフトウ ...
  • 森崎, 修司; 白石, 裕美; 大和, 正武; 門田, 暁人; 松本, 健一; 鳥居, 宏次 (電子情報通信学会, 2001-06-01)
    今日のアプリケーションソフトウェアの多くは,様々な使用目的を想定しているために非常に多機能であるが,その反面,ユーザにとって有用な機能を探し出すことは容易でない.本論文では,ソフトウェアの使用目的が似通ったユーザ間で機能実行履歴を相互参照可能とすることで,ユーザにとって有用な機能の発見を支援するシステムを提案する.提案するシステムは,機能実行履歴をより広範に長期間にわたって収集し,収集された大量の履歴を効率良く処理し,ユーザにとって未知 ...
  • 大和, 正武; 門田, 暁人; 高田, 義広; 松本, 健一; 鳥居, 宏次 (情報処理学会, 1999-02-15)
    本稿では 視線によるテキストウィンドウの自動スクロール方式を提案し 提案方式による自動スクロールが可能なテキストブラウザを用いた評価実験の結果について述べる. 従来の視線を入力とするインタフェースでは 視線情報をポインティングデバイスの代替として利用しており メニューやアイコンの選択のために一時的にではあるが作業対象から視線を外す必要があった. これに対して提案する方式では ウィンドウ内での視線の移動に着目する. 作業者はウィンドウ内で ...

サイト検索

ブラウズ

登録利用者