DSpace/Manakin Repository

著者 "Katsuma, Ryo" のブラウズ:

著者 "Katsuma, Ryo" のブラウズ:

ソート項目: ソート順: 表示件数:

  • 勝間, 亮; 村田, 佳洋; 柴田, 直樹; 安本, 慶一; 伊藤, 実 (一般社団法人情報処理学会, 2010-10-25)
    本論文では,多数のセンサノードが散布されたデータ収集型無線センサネットワーク (WSN) において,必要最小限のノードを稼働させ,残りをスリープさせることで,WSN の k 重被覆維持時間を最大化する手法を提案する.本手法を実現するため,k 重被覆維持時間を最大化する,各時刻のノードの動作モード (センシングやスリープなど) およびマルチホップ通信経路を決定する問題を定式化する.本問題は典型的な組合せ最適化問題であり,短時間で最適解を算 ...
  • 勝間, 亮; 松本, 啓司; 柴田, 直樹; 安本, 慶一; 伊藤, 実 (一般社団法人情報処理学会, 2014-02-15)
    水中センサネットワークは,赤潮や地震調査などでの活用が期待されている.センサノードを海底に配置するには海上から投入する方法が考えられるが,その場合,海底に沈んだセンサノードの位置は投入地点から推測可能ではあるが,正確には特定できない.しかし,水中センサネットワークではセンサノードの故障位置やイベントの発生位置などを知るために,センサノードの位置を特定することは非常に重要である.本研究では,GPSにより位置が判明しているアンカノードが海面 ...
  • 勝間, 亮; 村田, 佳洋; 柴田, 直樹; 安本, 慶一; 伊藤, 実 (一般社団法人情報処理学会, 2009-12-11)
    本論文では,環境情報の収集を目的とする,静止ノードと可動ノードから構成されるWSNにおいて,広範囲のセンシング領域をk重被覆し,かつ,稼働時間を最大化するような可動ノードの適切な移動先,および,データ収集のためのマルチホップ通信経路を構築する手法を提案する.対象問題はMinimum Geometric Disk Cover問題を含んでいるため,NP困難な問題である.そこで,準最適解を実用時間で求めるため,遺伝的アルゴリズム(Genetic ...

サイト検索

ブラウズ

登録利用者